日本一の断絶男
2.4

/ 11

0%
18%
18%
45%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(3件)

コミカル42.9%かっこいい14.3%笑える14.3%楽しい14.3%切ない14.3%

  • とし

    3.0

    日本一シリーズ

    2020年4月19日 #日本一の断絶男 鑑賞 口八丁手八丁で成り上がっていく日本一郎(ひのもといちろう)シリーズ第7弾 本当にこのシリーズは能天気でいいですね。規制とか差別とか個人情報とか気にすることも少なかったんだろうな。 このコロナの時代に見るのは意味があるかもです。

  • kot********

    2.0

    ハチャメチャ

    高度経済成長化の大阪,東京を舞台に、なべおさみ演じる勤勉でまじめな青年を、植木等演じるお気楽な男が振り回すコメディー。出世欲の強い青年と、役職や金に執着しない男の対比が楽しい。 ただストーリはハチャメチャで、テンポが速すぎまとまりがない感じがした。挿入される音楽もシュールで、植木等のコメディーとしては異色な感じである。そもそも植木等のコメディーはハチャメチャな内容ではあるが、やりすぎ感が残った。

  • mal********

    2.0

    植木等の明るさが空回りしています。

    1969年に公開された東宝のコメディ映画です。 東宝映画ですし、主演が植木等となれば、当然のごとく痛快なストーリー展開だと思われるかもしれません。が、本作はストーリーだけを追えば、従来の東宝娯楽映画路線の出世成功物語なのですが、植木等演じる日本一郎(ひのもといちろう)なる主人公が成功を望んでいる割には、一か所にとどまることを嫌うタイプの自由な人間で、お金に対する欲もなく、豪邸住まいにも興味なしという変人ぶりを発揮。そのために彼が何のために生きてるのかが分からず、最後まで肩入れできませんでした。 そのことも影響してか、70年代安保という人の成功を斜めに見て素直に喜ばない時代背景が描かれているのため?富を得る成功は良くない?という空気感と虚しさが漂い、植木等の明るさも空回りしてる印象を受けました。それに、いつも楽しみにしている挿入歌の歌詞もかなりシュールな怖さがありました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


植木等日本一郎
緑魔子ミミ子
高橋厚子久美子
藤岡琢也山崎部長
千秋実清水重役
人見きよし泉谷課長
飯田蝶子黒川社長
市川和子葉子(バーのママ)
橋本功勝(手配師)
小松政夫新幹線の車掌
富田仲次郎大須賀榮三
熊倉一雄アパートの管理人
北竜二森田局長
佐田豊吉川産業幹部社員
中山豊チンピラ(北斗組)
桐野洋雄杉井(特訓屋)
二瓶正也合宿セミナーの特訓屋
ハナ肇土井(親分)
藤木悠岸井(代貸)
清水元関東組親分
谷啓小山(発明家)
春川ますみ小山の女房
安田伸下村(山師)
向井淳一郎八百広告社社員
広瀬正一十字組親分
辻村真人関東組子分
奥村チヨ通りすがりの歌手

基本情報


タイトル
日本一の断絶男

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル