ここから本文です

眠狂四郎 勝負 (1964)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 3
  • みたログ 118

3.85 / 評価:33件

一歩、間違えたら狩野英孝

  • tengu3711 さん
  • 2010年4月30日 21時29分
  • 閲覧数 1319
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

お馴染、市川雷蔵の眠狂四郎シリーズ、第2弾。

監督は三隅研次・・・もう型は、出来上がってます。

後の「必殺」シリーズの名悪役、五味龍太郎さんの映画デビュー作です。

狂四郎を狙う5人組の一人を、好演してます。

「必殺」と言えば、加藤嘉さんも出ていて、珍しく「いい役」でしたね。


しかし、ラストの加藤嘉さんの

「きょ~~~~~~しろ~~~~~~~~~」の絶叫は、限りなく怖かった・・・



しかし、何ですなぁ・・・モテますなぁ・・・狂四郎・・・・(-。-)y-゜゜゜

手足を縛られて、身動き取れなくなった所で、

むんむんグラマーなお姫様、久保菜穂子、登場。

「きょうしろう、そなたは、こんや、わたしのおもうまま・・・」

なんて、迫られてるのに、


「嬲りモノかぁ・・・・ツキナミな趣向だな・・・」

なんて、吐き捨てたりする・・・・(゜o゜)カッコイイ・・・・

市川雷蔵だからこそ、決まるニヒルなセリフ。

TUTAYAで、「S級アイドル、ぱっつんぱっつん水着特集!」なんて借りてるオヤジには、

所詮、夢のまた夢なのだった。


そば屋の娘に高田美和(なんと、当時は清純派だった!)に、

「もう、狂四郎サマのいじわる!」なんて言われ、

元祖ツンデレ、田中麗奈系美女の藤村志保には、「私の負けです」とコクられ、

出て来る女性のすべてが、狂四郎に夢中になる・・・


頼む!誰か一人でも、加藤嘉に惚れてくれ!!(@_@;)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ