レビュー一覧に戻る
眠狂四郎 魔性剣

syu********

3.0

市川雷蔵晩年の当り役

円月殺法を操る浪人・眠狂四郎の活躍を描くエロチシズムと猟奇亜溢れる娯楽時代劇の第6作目。『罠と知りつつ魔性の肌を抱き、陶酔の一瞬に殺気を斬る!』『一度は捨てた魔剣だが、死にたくば斬ってやる!犯されたくば抱いてやる』『抱かんとすれば危機!斬らんとすれば罠!勝負は一瞬!魔性の剣が飛ぶ!』円月殺法のシーンでのストロボ撮影が用いられ効果的だった。

閲覧数969