ここから本文です

眠狂四郎 多情剣 (1966)

監督
井上昭
  • みたいムービー 2
  • みたログ 40

3.10 / 評価:10件

たんに暗いだけか、ストイックなのか

  • yamaneko_bucchi さん
  • 2018年10月13日 0時10分
  • 閲覧数 223
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ初見なので、他のレビュアーのようにカメラワーク云々と、本作以外の作品と比べることはできないが、まあこんなものかな、といった感じ。伊福部昭の音楽と相まって、おどろおどろしく、不気味(「大魔神」も同じ)。東映チャンバラの明るさとは対照的だ。まあ、出自がねえ、転びバテレンと娼婦の子では、明るく描くほうが無理というものか。

他のレビュアーが指摘したように、狂四郎に自宅があったとは、驚きだった。家を構えて(立派なお屋敷だ)生活をしていたとは、「無頼」のイメージからは遠さかる。独りで暮らしているようだが、身の回りの世話は誰がしているのか。家の中が散らかってない。自分で何もかもしているわけではなかろう(だって「無頼」だもん)。収入はどうやって得ているのか。いつも懐には結構な枚数の小判が唸っている(なにせ遊女を一人、いきなり引き取ってしまえるのだから)。じつは彼こそ、やんごとなき身の上のご落胤ではないのか…。そんなことを考えてしまった。

肝心の内容。雷蔵の立ち回りをもっと見たかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ