眠狂四郎無頼控 魔性の肌
3.7

/ 10

20%
50%
20%
0%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)


  • ttm********

    5.0

    ネタバレ軌道修正

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    3.0

    総じて男は美人の肩を持つ

    女に目がない狂四郎殿は とりあえず色仕掛けにはひっかかってみるらしい。 温泉で上半身裸の女性が、 私にかまわず温泉でもいかがと言われれば 温泉に入ろうとする。 で、物陰から襲い来る敵! そんな時でも慌てず騒がずなところがさすがです。 今作では黒指党と名乗る謎のキリシタンらしき 集団の頭領、三枝右近(さえぐさうこん)役に 成田三樹夫氏が長髪で演じていて 彼の悪人顔がこれまたよく似合う。 今まで短髪の役のイメージしかなかったですが、 和装で長髪の悪人もなかなか似合ってました。 相手が集団というためか 狂四郎を襲う手段として坂道で竹の束を転がして 逃げ道をなくして襲うというシーンがあるのですが、 逃げ道を塞がれつつも臨機応変に その場をかわす狂四郎殿の知恵に関心。 さすがは狂四郎殿いついかなる場合でも冷静でござる。 前作8作目とはまた変って女を抱くことに躊躇せず、 いやむしろ好きだという無頼の彼が戻ってきたのは嬉しいか。 彼のセリフ「女は抱くものと心得ておる」にはまいりました。 さらに「総じて男は美人の肩を持つ」ときたもんだ。 狂四郎殿は美人が好きらしい。まぁ、そうでしょうなw 今回は敵の悪辣ぶりに怒り心頭なのか 「眠り狂四郎、生まれて初めて挑戦するぞ!」と 自ら敵に挑む姿がかっこよいです。 しかも脇差まで抜いて二刀流で闘ってます。 最後の敵の頭領とのセリフの応酬もなかなかよい。 三枝右近: 「どちらが正しいかの答えはどちらが死ぬかによって定まるのだ。」 眠狂四郎: 「俺の手で息の根を経つ!  それが同じ星の下で生まれたせめてもの情けと知れ!」

1 ページ/1 ページ中