レビュー一覧に戻る
DRIVE 破壊王

gam********

4.0

なんか元気出ます!

別に破壊を競う映画ではないのでもっと違うタイトルでいいと思う。 マーク・ダカスコスの地に足着いた小気味良いカンフーアクション。 『ジェボーダンの獣』での名脇役も強烈な印象だったけど ここでは立派に主役を張っています。 バイオエンジンなる機械を心臓に埋め込まれ、反応速度と身体能力 を増幅された試作品の彼と、それを追う完成品の加藤雅也(!) この加藤雅也が雰囲気たっぷりだったんだけど もうひとつ強烈なところが出ていないので、実にもったいない。 何度かに分けて絡ませると良かったかも。 試作品のバイオエンジンを敵方に売りつけようという マーク・ダカスコスが黒人の相棒と、執拗に迫る追手を 振り切りながら展開するドタバタの珍道中。 歌って踊るシーンなどのお笑いもあるけど 見どころはなんといってもアクション。 ごくわずかにワイヤーも使ってあるものの基本的に肉弾戦。 接近戦でのマークの打撃は、ほれぼれするほど見事。 特に後半のたたみこみは編集の力もあるけど、大満足。 それは見終わってからコーヒーゼリーを食べようと支度する動きも 思わずキビキビとなるくらい(笑) 大げさな演出がないのでホント単純に楽しめました。

閲覧数778