ガメラ3 邪神<イリス>覚醒

GAMERA 3: THE AWAKENING OF IRIS/GAMERA 3: REVENGE OF IRIS

108
ガメラ3 邪神<イリス>覚醒
4.0

/ 432

40%
31%
21%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(98件)


  • bel********

    4.0

    京都が燃えている

    JR京都駅は粉々に破壊されているのに、 東寺の五重塔は簡単に燃えない。 やはり仏は偉大なり。 何か大きな力に守られているような気がする。 そんな映画でした。 東京が破壊されようと、燃えようと 今さら何も感じません。 しかし京都が燃えると心が揺れる。

  • kom********

    5.0

    日本怪獣映画の究極点

    人が入った怪獣映画の究極だろう。ミニチュアの建物の破壊、特に京都駅の描写は素晴らしい。全体が怪獣映画愛にあふれている感じだ。はっきり言って最近のゴジラよりはるかに面白い。いかにも続編と言うところで制作が打ち切られた。この頃の怪獣ものは全てCGのリアルさに何となく騙されている感がつまらない。

  • HIRO

    4.0

    もう一度、よく観て欲しい。

    第一作目が1995年に公開し、その徹底的なリアル路線がマニアをも唸らせた、 「平成ガメラ三部作」。 今作はその完結編に位置付けられています。 しかしガメラによって渋谷が火の海になる、衝撃的な幕開けが象徴するかの様に、今回は最終作でありながら前2作と大きくテイストが異なります。 ガメラは以前より更に戦闘に適した進化を遂げており、そのフォルムには禍々しさまで感じる程。 そしてこれまでとは違いその攻撃に一般人が巻き込まれ、多くの死者が出てしまう様がハッキリ描写されています。 また、そのストーリーもこれまでとは異なり神秘性が重視されており、 第一作目のガメラとギャオスの戦いにより両親を亡くし、以後ガメラに対して憎悪を抱き続ける少女、綾奈(演・前田愛)がそのキーパーソンとなります。 特に後者の要素に関してはその伏線らしき描写も前作までに特に見られなかった事から、突然の作風の変化に戸惑いました。 また、相当に困難な状況であったが故に解決した際のカタルシスも魅力的だった1〜2と比較し、今回はハードかつ全体的に悲壮感が漂っています。 それ故に、2までは好きだが3は…という声も聞かれますが、 「地球の守護者」であり、ウルトラマンの様な「人類の味方」ではないガメラがたどり着く先として、 私にはこの結末が一番しっくり来ます。 他作品の怪獣とガメラの決定的な差は、 ガメラは守護、守る為に存在し戦う者であるという点です。 何かを守る行為とは必ずその為に他の何かを敵に回したり、犠牲にしなくてはならなくなります。 ガメラにとって最優先は人類ではない以上、その行動の全てが人間に益する物とは限らないのです。 しかしそんな使命を負いながらも、彼は己にできる限りで人を守ろうとします。 時にはその人からも敵として砲火を向けられ、それでも守った事による代償が己が身に傷として刻まれていく… ガメラが人類からの攻撃に対して反撃する場面は一度も無く、三部作通して彼の自己犠牲の精神は一貫して変わりません。 そしてラスト、その満身創痍の悲壮な姿で彼が立ち向かう存在は絶望的なまでに苛烈です。 それでも、天を仰ぎ気高く咆哮する勇姿を目にすると本当に勇気づけられるのです。 前2作までを観られた方は、その結末として是非ご視聴頂きたいタイトルだと思います。

  • bar********

    5.0

    ネタバレ怪獣映画史に残る凄絶な破壊

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yor********

    4.0

    大きな犠牲を、避ける、為に、、、

    小さな犠牲は、やもえない、、、のか。  『がめら』の存在における、起源と、地球外生物からの脅威。  近年は、「現代語(義務的教育、等で、用いられる、標準語)で、展開される、映画が、増えて、いる」が、この映画では、方言が、普通に、用いられて、いる。  方言(国内)に、限らず、言語の異なる、他国、及び、他文化の人と、交流を、行うのは、困難。  でも、人間(人と、人)に、限らず、通じ、合える、事が、、、有るんだかぁ、無いんだかぁ、、、な、感じ、、、w  また、何事も、『能力の有る、人』、『能力の無い、人』の存在が、比較される、傾向に、有るが、それによって、生じる、『物理的な不平等』(身体の個性)と、『論理的な平等性』(法の基に、平等、等)を、想えば、それらの『限界と、折衷性』も、求められる。  なお、究極の選択で、『とろっこ問題』が、有って、「左右の線路に、切替が、可能な、線路上で、暴走する、『とろっこ』が、出現、左側の線路上で、一人の作業員、右側の線路上で、五人が、作業を、行って、いるが、あなたは、唯一に、線路の切替を、行える、さて、どうするか、、、」との問題で、『俺は、全力で、「とろっこ」を、止める』と、言う、発想を、抱けるような、人格が、今時代ならば、必要と、想える。

  • ユウ

    5.0

    ネタバレ日本特撮の傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • idw********

    5.0

    ネタバレ「もういちど教えてほしい」を劇場で再体験

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tai********

    4.0

    特撮はすごいです

    怪獣側の話は良いんだけれど、人間側の話が足を引っ張っている。登場人物増やしすぎ、比良坂綾奈は悪役として死ぬべきでしょう。

  • ginmakutabito

    5.0

    ネタバレこのG3は正に神作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ron********

    5.0

    怪獣映画で初めて泣いてしまった

    ガメラによって両親を殺された少女の憎しみが生んだ怪生物と、ガメラの壮絶な戦いを描いたモンスター・パニック映画の新シリーズ第3弾。 監督は平成ガメラシリーズの金子修介。 脚本も前作と同じく伊藤和典・金子修介が担当し、撮影の戸澤潤一、特技監督の樋口真嗣など前作の主要スタッフが再び顔を揃えた。 撮影は「元気の神様」の戸澤潤一。 主演は「ガメラ 大怪獣空中決戦」の中山美穂の妹、中山忍、シリーズ全作に出演する、藤谷文子、前田愛、山咲千里、手塚とおる、本田博太郎、津川雅彦など。 音楽は平成ガメラシリーズの大谷幸。 主題歌はユリアーナ・シャノーの「もういちど教えてほしい」。 今回のアンコール上映は2020年がガメラ生誕55周年で、Gプロジェクトの一環で、1作目の「ガメラ 大怪獣空中決戦 4K HDR」、「ガメラ2 レギオン襲来 4K HDR」に続いてのアンコール上映。 日本映画 配給は東宝 1999年作品 上映時間108分 平成ガメラシリーズ、大好きなんです。 DVDセット、持ってます。 Blu-rayは持ってないので、買おうかと思ってます。 世間の評価的には、平成ガメラシリーズでは「ガメラ2 レギオン襲来」が一番高く、その次に1作目の「ガメラ 大怪獣空中決戦」なんです。 前2作とは毛色が違う今作。 「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」は一番評価が低いんですが、個人的には今作が一番好きで、思い入れがあるんです。 初めて観た時、もうめっちゃ面白くて興奮してしまった。 怪獣映画で、初めて泣いてしまった。 そして、主題歌が欲しいと思って、エンドロール観てたけど、ユリアーナ・シャノーって誰?ってなって、タワーレコードに買いに行ったけどなかった。 だから、上映劇場に行って(初公開時、私の観た劇場は大阪梅田の三番がシネマ1)、CDを買ってしまった。 内容的には、ガメラが都会で敵のギャオスと闘ったとはいえ、都市部は壊滅。 その時、犠牲になった両親を持つ前田愛が、ガメラを恨み、〈イリス〉に中にとり組まれガメラと闘うというもの。 怪獣同士の闘いで、しかも一応人類の味方であるガメラの為に犠牲になった人々を中軸に描くという、今までの怪獣映画にはなかったストーリー展開。 平成ガメラシリーズは、この辺の観点を捉えて描かれているのが特徴です。 それに、台風の使い方、そしてラストのラスト、何百匹のギャオスがいる夜空を見上げる、自分の身を犠牲にする覚悟を持ったガメラの表情は、ほんと涙ものです。 あえて言うなら、ちょっと詰め込みすぎなんですよね。 そこだけちょっとだけひっかります。 クライマックスは京都駅で〈イリス〉ガメラが戦うのですが、実際のスケールだと、京都駅内にガメラは入らない。 京都駅の方が小さいけど、映画では京都駅のスケールを大きくして、ガメラが駅内で闘いました。 初公開当時、劇場公開に合わせて京都駅で「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」展をやってたんで、観に行ったんです。 その時、京都駅とガメラの模型もありました。 今回のアンコール上映は、4K HDRでDolbyCinema。 映像もめっちゃ綺麗やし、音響も凄い。 圧倒的な臨場感。 もう感動しかありません。 と、ファンなので興奮してますが、女子向けの作品ではりません。 男の、しかも怪獣や特撮やミニチュア好きにはたまらない作品です。 萌える萌える。 ちなみに、アンコール上映の1作目「ガメラ 大怪獣空中決戦」のレビューはこちら。 https://ameblo.jp/roninfilms/entry-12653737592.html 2作目「ガメラ2 レギオン襲来」のレビューはこちら。 https://ameblo.jp/roninfilms/entry-12656296497.html ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数8館と期間限定ロードショー。 4月16日からのアンコール公開。 ガメラ生誕55周年Gプロジェクトの期間限定のアンコール公開なので、劇場の興行収入はほぼ考えていないでしょう。 もちろん、ベストテンにもランクインすることはありません。 本当の平成ガメラシリーズのファンしか動員できません。 ちなみに、1作目「ガメラ 大怪獣空中決戦」は配給収入5億2000万円なので、興行だと9億円くらい、2作目「ガメラ2 レギオン襲来」は配給7億円なので興行収入だと12億円くらい、1999年3月6日公開の3作目「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」は配給収入6億円なので、興行だと10億円くらいという興行成績。 最終興行収入は600万円と予想。 星5つ(5点満点) ★★★★★

  • rjf********

    5.0

    大迫力

    とにかく地上戦も空中戦も怪獣バトルが大迫力。全体的に東宝の特撮を上回っている。特にイリスを倒す場面は、『北斗の拳』とか『あしたのジョー』を思い出した。感動的ですらある。また空中戦では、迫力と同時にCGの美しさが際立っている。ドラマの方も東宝の怪獣映画よりも面白い。ただし、倉田真也と朝倉美都の存在は、少々捻り過ぎの感がある。 それから、映画全体の雰囲気として、屋代の沢や台風のような湿った日本的情緒を盛り込んでいる点が良い。特に対決が本格化する前、雨が止み雲が途切れる場面はゾクゾクする。 エンディングの曲もなかなか良いが、歌唱に情感がない(まるでロボットが歌っているよう)のは残念である。

  • kikurin314

    3.0

    ガメラ3

    昨日まで、京都行ってまして、あぁ~この京都駅、イリスの時に、壊れるんだよなあまー(-_-;)と、思って、天井を見上げてきました(笑)

  • たけし

    5.0

    日本”特撮映画”の最高峰

    自分のような、幼少期にウルトラマンに人生を狂わされた、特撮おじさんにとって、日本の「特撮映画」の最高峰は、断じて「シン・ゴジラ」ではなく「平成ガメラ三部作」なのです!  ファンタジー/オカルト要素がストーリーに若干入っているので、公開当時ガチの特撮おじさんたちには「レギオン襲来」よりクオリティが落ちた、とたたかれましたが、やはり総合的な完成度は三部作中最高だと思います!

  • 1048

    2.0

    日本クオリティ

    はじめはまあまあイイ雰囲気だったのになぁ 中盤辺りから一気に邦画特有のクサクサ展開に… 山咲千里と彼氏の二人イランやろ(笑) あの二人の演出で一気に冷めた…

  • kur********

    2.0

    ネタバレ突然、渋谷にギャオスとガメラ出現

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 宮崎是彰

    5.0

    流行りを取り込む

    当時、流行っていた風水や陰陽道を取り入れた特撮作品です。 これまでどの映画でも語られなかった怪獣に家族を殺された少女の物語。さらにファンタジー要素や真ギャオスというようなライバルが登場。かなり燃える展開です。 かなり面白いのですが、追加要素が多くてちょっと詰め込んだ感じがします。 最初に見ることはオススメしませんが、二番目三番目に見ることはオススメいたします。

  • モクレン

    5.0

    「日常の崩壊」を描いた3部作最終章

    平成ゴジラシリーズが終了しこれからはガメラ1本かと寂しさを感じていた頃、こっちも今作で最終章。 これはいかんと公開初日に観に行き燃え盛る炎の中で次の戦いへ赴くガメラの咆哮でエンドロール。 当時の僕は納得いかなかった。 ストーリー云々では無くもう平成ガメラが見られないということにだ。 しかし今作は平成ガメラの最大の魅力である日常の崩壊を描くことに限界に達していることも事実。 この世界では巨大生物の存在は概知となり、東京、すすきの、足利は壊滅状態で仙台は消滅している。ダメ押しとばかりに渋谷が炎上。この厳戒態勢で1や2であった街並みに戦車が通る風景を描いても面白みの無い納得が得られるだけだ。 悪く言ってしまったがそれはこの3部作が大怪獣が現れたパラレルワールドを描き切ってくれたということであり、3が最終章も必然だろうと今では思える。 映画館で見たときの喪失感をツラツラとレビューしてしまったが特撮にも度肝を抜かれるし、敵怪獣の概念を打ち破りまくったイリス、そして過去最高にカッコいいガメラと見所もキリが無い。 とにかくありがとうと言いたい。

  • 真浩さん

    4.0

    続きが見たくなるラスト

    平成ガメラ3部作ラスト作品です ガメラが恐怖な存在な演出なんで可愛さがなくなりましたね 作品は今,見ても古さを感じさせない良いできです 変てこな人物が出てくるけど怪獣映画なんで愛嬌♪ 今回の敵なイリスも何の生き物か?ガメラの怪獣らしさがありますね ラストは中途半端な終わり方に次が...だったけど思ったより興行売上が悪かったようで立ち消えみたいだけど^_^; 特撮好きには何の問題もない秀逸な作品です 売れてない頃かな?仲間由紀恵がチョイ役に新鮮ですよ

  • 太郎

    5.0

    想像以上の出来

    贔屓目に見て、リアリティーが有ってとても良い作品に仕上がっています。 もういちど教えてほしい という曲が好きで見たのですが、これを期に他の新シリーズを見てみようと思います。

  • jra********

    3.0

    平成ガメラ3部作をまとめて見て

    平成ガメラ3部作で良かった順は2>1>3。 心臓マッサージをしているときに、お腹を押しているように見えて、おかしくないかと話よりも気になってしまいました。 最後のバトルもずっとせまい場所でやっているのも良くなかったかな。

1 ページ/5 ページ中