ここから本文です

死国 (1999)

監督
長崎俊一
  • みたいムービー 20
  • みたログ 814

2.64 / 評価:219件

栗山千明の美しさに尽きる

  • ひな さん
  • 2012年11月16日 11時39分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

栗山千明の女優デビュー作品で昔から見てみたいなぁ~と思い、やっと見る事が出来ました。

全体的にホラーというより昼ドラ+サスペンスという感じで、リング0に似てます。
怖さもほぼないので、どちらかというと恋愛ものとして見た方がいいのかも…。

正直ストーリー自体はあまり面白くなかったのですが、栗山千明が美しかったので良しとします。
栗山千明は10代の頃が一番好きで、今までも何回も書きましたが、この頃の栗山千明に是非富江役をやって欲しかったと悔やまれます。

それにしても、本編の軸である莎代里が比奈子を呪う理由も安易過ぎると思ったのは私だけ?
一応口寄せ中に比奈子に見られたからなんですが、口寄せ自体本編であまり詳しくしないし。
ホラーでよくあるノートに名前がびっしり埋まってる描写もいい加減見飽きましたし…。

終始比奈子と莎代里の間でふらふらしてた文也にもイライラしました。
学生時代莎代里と付き合って、莎代里が死んで大人になったら比奈子と付き合うも、莎代里が復活したらやっぱり莎代里を取るって…、そりゃあ莎代里も怒りますよ。

比奈子も莎代里復活を止めようとしてたのに、いざ莎代里が生き返るとあの世に送り返すのをためらったりとどっちやねん!と。
こうして見返してみるとロクな登場人物がいないな…。

でも、「四国」を「死国」に例え四国八十八ヶ所の霊場を死者の歳の数だけ逆に巡ると、死者が蘇るという設定は凄く面白かったです。

内容的には星一つですが、栗山千明の美しさに星二つ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ