レビュー一覧に戻る
死国

死国

-

たーちゃん

1.0

ネタバレ巡礼の遍路を逆に回ると結界が解かれる

親友だと思っていた子が自分の事を逆恨みしていて、「金魚のフン」「うざい」と思っていたとしたらどうでしょう。 小学校の頃仲良しだった比奈子と莎代里と文也。四国の田舎で育った3人は仲良しでした。しかし莎代里には秘密があって、母親の照子とともに亡くなった人の言葉を話す霊媒の仕事をしていました。 それを偶然に目撃してしまう比奈子。誰にも黙っているように約束されるのでした。比奈子は両親の仕事の関係で東京に引っ越す事になり、2人と別れる事になります。 何年か後、残してきた家の処分のために比奈子(夏川結衣)が四国に戻ると、莎代里(栗山千明)は16歳の時に亡くなっている事を知らされます。 小学校の頃の友人浅川ゆかり(大濵智子)と会うと莎代里が比奈子の事を恨んでいた事を聞かされます。人一倍この田舎から出たがっていた莎代里は比奈子の事を羨ましがっていて、逆恨みをしていました。比奈子からの手紙をそんな事を言いながら燃やしていた事を聞かされます。 比奈子は文也(筒井道隆)とともに莎代里の蘇生の事実を突き止めるのでした。 照子は四国八十八か所の巡礼巡りを逆に16回周り終え、莎代里を黄泉の国から蘇らせます。蘇った莎代里は物凄い力で照子を抱きしめ、骨を折って窒息死させてしまうのでした。 16歳の頃文也と付き合っていた莎代里は蘇った後、文也への思いを文也に伝えにきます。 「死んだら気持ちも死なんといかんが」 文也は比奈子の手を放し、莎代里を抱きしめにいきます。すると莎代里の強力な力で抱きしめられ、気を失ってしまう文也でした。 蘇った莎代里でしたが、山伏の仙頭直朗と対峙し、また池の中に沈められてしまいます。その莎代里を追いかける文也。二人は一緒に池の中に沈んでいくのでした。 ホラー映画なので仕方ないのですが、全体に画面が暗く良く見えません。 ラストは莎代里の切ない気持ちが表現されていました。 ただ比奈子の立場は?と思ってしまいました。 文也の気持ちは?どうなってるの?と思いました。 比奈子と文也のベッドシーンがありましたが、これって日浦家でしてるんですよね。これってここでやります?そりゃ化けてでるわ。と思いました。

閲覧数721