レビュー一覧に戻る
リング2

jig********

2.0

深田恭子の顔芸に恐怖

話の中身からすると 『リング』と『らせん』の間の話だろうか。 それぞれに登場した人物が出てきて あれやこれやと貞子の呪いに翻弄されていくわけですが、 原作にない話でもあり、 後から作ったこともあり若干の矛盾があるような ないような気がします。 『らせん』の迷走(といっても原作どおりだけど)からすれば 本作のホラーへの原点回帰はそこそこ怖さを見せてくれて よいのですが、恐怖を感じさせた『リング』のような 謎のビデオテープという怖さまでは発揮できず あくまでも間をつなぐ感じになっているのは残念。 まぁ、出口と入口が決まっているので、 中間をあまりにも荒唐無稽にしてしまうと 過去作品まで変に映ってしまうので このあたりが落としどころだろうとは思います。 中谷美紀の驚愕の表情演技が想像以上に頑張っていまして、 妙に印象に残りました。 髪型が若干変わった気がしなくもないですが、 個人的には本作の彼女は好きですかね。 作品終盤の水も滴るいい女という感じは好きです。 そういえば深田恭子も出ていまして、若いな~と。 あの顔の演技は練習したんだろかとか しょ~もないこと考えましたが、 なかなかインパクトありました。 前作からの人間を無理矢理もってきてしまったせいなのか 話の方向がどうしても初期の貞子から若干ブレてしまって なんだろうこの話、この子どうなってるの?と、 貞子の呪い関係なさげな展開が残念ではありますが、 ホラー作品として観てみたら 上目遣いで睨む黒髪の女性のアップとか 結構怖く作っているなと感じた作品でした。

閲覧数4,465