レビュー一覧に戻る
リング2

たーちゃん

1.0

ネタバレ????

「リング」の時にもあまり面白くなかったなと思っていたのですが、録画していたのが残っていたので鑑賞しました。 何だか続編みたいなので良く覚えていない中だったので、少し後悔しながらの鑑賞。でもこういう作品ってこの作品だけ見ても大丈夫なように作ってあるはずなんで大丈夫。分からないところはあとで「リング」を見直せばいいやと見続けました。 でも良く分からん? 呪いのビデオだけはわかっているので大丈夫なのですが、高野舞(中谷美紀)が駅で陽一と会ったのは偶然?陽一とは初対面なのに、陽一とわかったのは何故?お母さんの浅川玲子(松嶋菜々子)が自宅に戻らず、アパートに身を隠しているのは何故?川尻医師の実験で倉橋雅美(佐藤仁美)の脳波の映像で例のビデオ映像が録画できたのに舞がテープを見られなくなるようにしてしまうのは何故?警察での取り調べを玲子がされそうになった時、陽一がそれをさせまいと陽一が謎の力を使って刑事たちを倒しますが、それはどうしてですか?陽一には何故そんな力が備わったのですか?取り調べから逃げて派手な交通事故で大量の血が流れますが、この人は誰ですか。そこに来た刑事をまた陽一は睨んで、倒そうとするのですか?このあと陽一は舞と一緒に島に渡りますが、玲子はどうしたのでしょう? 陽一への実験の時に「お母さんは死んだ」といいますが、いつ死んだんですか? 他にも?を出せばきりがないくらい?の連続です。山村志津子と山村貞子の恨みの話がベースになっているのでしょうが、段々ずれていって怪奇現象一色になっていました。 山村荘で舞と川尻(小日向文世)が志津子と貞子を目の当たりにします。これもうビデオの話じゃないですよ。 川尻がやっている浸透圧の実験は何なのでしょう。浸透圧が高いと恨みの念が強いとなっていますが、この理論はどこからきているのでしょう。 貞子の怨念を引き入れる大量の水が必要だとしてプールを使った実験をやりますが、何だか良くわかりません。すべてがこの映画の中の理論によって構築されているので、観客はおいてけぼりになっています。わかりやすくありません。 内容を把握しようと思うとわけがわからなくなるので、場面場面の怖さで見ていました。それもそんなに怖くないので、後半は飽きてしまいました。これシリーズ作るほどの作品ですか? ヒットした作品ですよね。良くみなさん飽きませんでしたね。 見どころは俳優たちの若い姿でしょうか。深田恭子さんのあんな顔した死体姿なんて、もう絶対に見られないと思いました。

閲覧数1,006