ザ・デイ・アフター

THE DAY AFTER

127
ザ・デイ・アフター
3.4

/ 57

16%
28%
37%
14%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(11件)

恐怖28.6%絶望的28.6%悲しい14.3%パニック10.7%不気味3.6%

  • PC-Prost

    5.0

    現在の朝鮮半島の緊張と照らし合わせ・・・

    現在の朝鮮半島の緊張でこの映画を思い出しました。 核戦争の結果は本当に悲惨。 両国にとっても良い事は無いです。 是非、この映画をリメイクして欲しいです。

  • fkx********

    1.0

    ヒロシマ・ナガサキの惨状を知れ

    高校生のとき、広島へ行った。 広島平和記念資料館を見学したとき、入館前にキャッキャと笑ってジョークを飛ばしていたハイティーンのアメリカ人らしき男女5人組が、資料館を出たときには一様に真っ青で何かを後悔するような悲壮な顔をして俯いていたのを憶えている。 『神よ、御許し下さい。彼らは何をしているのか解らないのです…』 幼いとき、父たちとVTRでこの映画を見た。 何発もの大陸間弾道弾が、真っ青な空をもくもくと積乱雲のようなジェット雲を残しながら飛んでいくシーンが妙に心に残り、その反面、今度はソ連から核攻撃を受けた米国の都市の惨状がミニチュアやら記録映像やらを取り纏めて映されるのを見て、何故かちゃっちいという印象を受けたのを思い出す。 一緒に見ていた父や祖父は「こんなもんやない」の一言であった。 映画は、東西両陣営間で限定的な核戦争が行われたという“甘い設定”であったが、ソ連からの弾道ミサイルが数発もカンザスシティで炸裂した時点で、この映画のような“デイ・アフター”は有り得ないのである。 現実には、たとえ生存者がいても、まともに歩くこともできまい。 何年か前に、この映画より以前の1977年に製作された『世界が燃えつきる日』という映画を見た事がある。 これも核戦争後の地球を描いた作品で、こっちはまさに“全面核戦争後”の、地軸が移動し気候さえも激変してしまった地球でのお話である。 核ミサイル基地で生き残った軍人たちが、ランドマスターという二つのボディをジャバラで繋いだような対核戦争用武装装甲車(今から見るとなかなかチャッチイ秘密兵器で、1959年製作の東宝映画『宇宙大戦争』に出てくる月面探検車そっくりで、たぶんパクッたのだろう)で生き残った人々を求めて北米大陸を走るサバイバル映画があったが、核攻撃を受けた筈の大都市はビルも車も原型を完全に留めており、スーパーの缶詰とかも食べられるし、人間の遺体も理科室の白骨標本みたいなものばかりで哂えた。 ラストでランドマスターは広大な牧場のような場所に行き着き、そこに住む大勢の健康で生き生きとした老若男女たちに出迎えられる…。 もう何も言えないほどに甘い…甘すぎる。 『宇宙大戦争』と同じ59年に製作された『渚にて』という映画も米ソの全面核戦争後の人々の様子を描いていたが、こちらは非常に現実的で素晴らしかった。 核戦争は北半球で行われたので、南半球のオーストラリアは核の業火による直接の被害を受けずに済んだが、北半球を覆った放射能の嵐はいずれ確実に南半球はおろか全地球を覆い、南半球の人々も放射能によってスローに、しかし確実に絶滅していく…というストーリーであったが、これをグレゴリー・ペックやエヴァ・ガードナーらの名優たちが演じ、これほどまでに美しく、優しさに満ち、しかも理不尽で醜くて絶望的な映画は、私の記憶の中にも殆んど見当たらないほどの名作であった。 1961年の東宝映画『世界大戦争』も名指しこそせぬが米ソの全面核戦争を描き、フランキー堺の叫びとその直後の世界壊滅シーンには身じろぎできないものを感じずにはいられなかった。 米国人は、牧場で飼っているcowやpigと、日常食べているbeefやporkは別の物だと信じていたいので、コンビーフの缶に決して牛を描いたラベルは貼らない。 彼らは東京大空襲で黒焦げになった人々の写真を見た事がない。 彼らは広島や長崎での原爆の惨状を写した写真も、大火傷を負いケロイド状になった皮膚を晒す被爆者たちの写真も映像も見た事がない。 米国政府や在郷軍人会などが、米軍の行った残虐な結果を国民の目に晒そうとはしないし、米国人そのものが、自分達が行った悲惨な現実を、絶望的な未来の可能性を、直視せずにいたいのである。 少なくとも、原爆の惨禍を経験した我々日本人は、この映画を見て、核戦争の危機が現実味を帯びるに従って、甘い事ばかりを考えようとする米国人を叱咤すべきである。 そして、この映画なんぞを例に取り、したり顔で我々に核兵器の恐ろしさを説く米国人に言うべきである。 「あんたらは甘い。こんなのは茶番に過ぎない」

  • ali********

    5.0

    核軍拡に警告した、監督の良心に学びたい

    1980年代は、70年代に平和共存を進めたアメリカ、ソ連(現ロシア)が、核兵器競争を再燃させた。メイヤー監督はとても良心的に、アメリカそして世界に警告しようとこの映画を作った。 作品の進み方は、奇をてらわず、正統派のスタイルだ。まず平和なカンサスシティの町と郊外の日常が描かれ、いろいろな人生が登場し、それと並行して米ソの軍事対立が激化するニュースが流れる。大戦争は、今や戦車も飛行機も登場せず。互いにミサイルを打ち合うだけで始まり、そしてすぐに終わる。CGのない時代だが、いろいろな映像を組み合わせて核攻撃の惨状を長々と見せている。後半は、生き残った人々の苦しみと自己防衛の情景になる。この部分は、まじめな映像でなかなか見るのがつらい。もちろん、最近の三流SF映画『アフター・クライシス』(イギリス。★レビューしています)のような、核戦争後の世界のホラーではない。 80年代の「第2次冷戦」の背景は、たしかソ連のアフガニスタン侵略、ミサイル技術の発達、ヨーロッパでの中距離ミサイルの配備競争だったと記憶している。再び全面核戦争の悪夢が世界を覆った。 西側諸国では核競争に反対する市民運動も盛んだったので、このような反核を訴える映画を作っても政府から不利益を受けることはなかっただろう。それでも、アメリカで「タカ派」のレーガンが、有権者への単純化したアピールで大統領に当選し、ソ連への対抗姿勢を強めるきびしい状況だった。「映画一つで何が変えられるのか。」そういう気持ちになりつつも、監督は芸術家の良心にかけて、これを作ったのだと思う。その真面目さと、熱意、努力に、大いに学びたい。 結果的には、80年代末にソ連の社会主義体制が崩壊して、冷戦は終わった。しかし、それまでの間、米ソが中距離核ミサイル(パーシングとSS20、さらにMIRVという名前だった。いつもニュースで流れていたので覚えている。)を配備はしたが撃ち合うことがなかったのは、さまざまな警告をした市民の活動の成果でもあったのではないか。

  • sak********

    5.0

    ネタバレ目に見えない香りもない放射能のタウン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • isa********

    3.0

    当時は・・・

    東西冷戦の真っただ中にあり、核戦争がいつ起きてもおかしくないと思っていました。映画館で観ながら怖かったという思い出があります。今となっては「昔話」だと思って気楽に観ることができるかもしれません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ジェイソン・ロバーズDr.ラッセル・オークス
ジョベス・ウィリアムズナンシー・バウアー看護婦
ジョン・カラムジム・ダールバーグ
スティーヴ・グッテンバーグスティーヴン・クレイン
ジョン・リスゴージョー・ハクスリー
エイミー・マディガンアリソン・ランサム
ビビ・ベッシュイヴ・ダールバーグ
ロリ・レシンデニース・ダールバーグ
ジェフ・イーストブルース・ギャラティン
ジョーガン・ジョンソンヘレン・オークス

基本情報


タイトル
ザ・デイ・アフター

原題
THE DAY AFTER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル