レビュー一覧に戻る
ザ・デイ・アフター

ザ・デイ・アフター

THE DAY AFTER

127

chi********

4.0

核の危機は続いている

 この映画は、米ソ冷戦最中の1983年公開されました。僕は社会人になったばかりで、早速劇場に足を運びました。当時は、非核反戦運動が世界的に活発で、大阪や広島などでは数十万人規模の集会が行われていました。  当時のアメリカ大統領は共和党のレーガンでしたが、世界的な非核運動の中で、この映画に対して「これは凄みのある映画だ」と言わせています。ニューヨーク市教育委員会は、「12歳以下の子どもには絶対に見せるべきではない」とコメントしています。  映画の舞台は、カンザス州カンザスシティですが、ソ連からの核攻撃を受けて、それ以降の人々の生活を描いています。  米ソ冷戦はすでに過去のものとなりましたが、テロ攻撃が世界的な脅威となっている今、もう一度核について考える時期でもありますね。

閲覧数625