ここから本文です

キャシャーン (1993)

監督
福島宏之
  • みたいムービー 1
  • みたログ 23

3.09 / 評価:11件

旧作の設定を活かしたリメイク。

  • Kekkahozon さん
  • 2015年8月6日 20時06分
  • 閲覧数 242
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロボット軍団を率いるブライキングボスは、
旧作では「落雷により、狂った自我をもったロボット」(フランケンシュタインのオマージュ)だったが、
本作は旧作の「元来は環境調査用ロボット」だったことを活かし、
「地球環境回復計画用のロボットが、『地球の自然環境を破壊する最大の原因は人間であり、これを排除する必要がある』との結論に至った」となっている。

つまり、狂って暴走しているのはロボットではなく、「人間」の方だということ。

さらに、ブライキングボスを止めようとして逆に植物人間化された博士(キャシャーンの父親)自身、そういう計画を練るようなマッドサイエンティストだったのでは? との暗示もある。
(第3話でブライキングボスが固執していた、「小さな村に環境負荷の少ないロボットを人間代わりに住まわせて、『理想的な環境回復方法』の証明試験をする。」
…って、博士、それ、人間は駆除するつもりだったんですか??)

本当に狂っているのは、
地球の自然環境を破壊しまくる人類?
その人類を排除しようとするロボット?
そんな計画やロボットを生み出した博士(と、その助手だった息子のキャシャーン)?

最後はキャシャーンが勝ったけど、
「ブライキングボスの結論」には、
何の反証も示されていない…。

旧作の設定、世界観を活かして、ハードな方向に(バブル期に金をかけて)上手くリメイクしたと思う。
最初に観た時から、忘れられない作品。結構好き。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 知的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ