サテリコン

FELLINI-SATYRICON

128
サテリコン
3.9

/ 65

42%
26%
17%
12%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(24件)

不気味16.3%スペクタクル10.5%不思議9.3%絶望的7.0%ファンタジー7.0%

  • qwy********

    5.0

    フェリーニの祭典に身を委ねよ

    巨匠Fフェリーニにしか描けないであろう狂った感性に満ち溢れた渾身の怪作。 古代ローマ時代の高慢な青年が辿る数奇なる体験談。それを壮大な美術とモブ、アジアやアフリカ音楽で彩る絢爛豪華な映像絵巻に最後まで圧倒されます。 この稀有でマッドな至高のドラッグムービーに理性や理屈は棄て去りどっぷりと身を委ねて堪能して欲しいのです。

  • Kainage_Mondo

    4.0

    美術に圧倒される。

    今まさに 武漢発・新型コロナウィルスの pandemic の渦中にある世界。緊急事態宣言 ( 5月6日 以降も延長必至 ) が出て 映画館も休館を余儀なくされ、新作は軒並み封切り延期となっている。そのさなか 止むを得ず自宅で旧作を観ている訳だが、本作はその第3弾。1969年 イタリア映画。フェデリコ・フェリーニ監督 ( 以下敬称略 ) による “ローマ三部作” のひとつだ。 時は古代ローマ。エンコルピオ ( マーティン・ポッター ) と アシルト ( ハイラム・ケラー ) という 2人 の若者を主人公に物語は進行するのだが、エピソードの数珠繋ぎといった印象で、劇的&感動的なストーリー展開を期待していると肩透かしを喰う。流れにまかせて映像を楽しむ作品だろう。 ダニロ・ドナーティ の衣裳が素晴らしい。埋葬のイメージに何と 読経 を重ねて吃驚させた音楽は フェリーニ監督 の盟友 ニーノ・ロータ だが、数々の有名テーマ曲とは無縁の 地味なこしらえで作品を支えた。しか~し ! 何よりも見事だったのは 美術 ( ルイジ・スカッチャノーチェ & ダニロ・ドナーティ ) で、チネチッタ・スタジオ に巨大なセットを作り、VFX や CG がまったく無い時代に大崩落シーンまで現出させた職人技に唸った。 巨大建造物のセットからガレー船もどき、ガジェットの数々に至るまで、監督の思いのままに古代ローマ時代を再現した 美術 に圧倒された映画と言えるだろう。製作から 50年余 を経てなお、新鮮な印象をうけるのは大したものだと思ったが、欲を言えば、さらに頽廃さらに肉欲さらに混沌でもよかったなぁ~ と、 50年前 ではとてもとてもの 無い物ねだり をしてしまうのだった。 【 余談 】 序盤から気になったのは、登場人物の口の動きとイタリア語の台詞が微妙にズレていたこと。撮影現場での録音ではなく、アフレコなのだろうか ? だとしても もう少し合わせて欲しいものだ。

  • kyo********

    5.0

    ジトーネは永遠

    マックス・ボーンという俳優はその後どういう人生をおくったのだろう。 いろいろと説はあるようだが、この一作で彼は映画史上に永遠に刻み込まれる。 これを語りつくせる人はおそらくこの時代、稲垣足穂くらいしかいなかったのではないか。 フェリーニはこの俳優を発掘したことで作品を成就したといって過言でない。 ジトーネの登場する前半から中盤まででこの物語は終わっている。 映画芸術とはこういうものだ。

  • bar********

    4.0

    表現主義的・マニエリスム的

    サテリコン。フェリーニらしい映画ですね。『女の都』や『ローマ』などとよく似た幻想的な作風です。 ストーリーにたいした意味はないと思います。この映画はその過剰な美術装飾の奔流です。極彩色の衣装やセットはマニエリスム的であり、作者の幻想的な作風そのものを表しています。 サテリコンとはWikiによれば、帝政ローマのネロ期を描いた風刺小説『サテュリコン』が原作になっており、堕落した風俗を描きます。フェリーニはそれが自分の幻想的表現の下地にちょうどいいと思ったかもしれません。 私自身の評価ですが、フェリーニらしい芸術性ではあると思いますが、先ほども言ったとおりマニエリスム的であり、表現のための表現、といったように、表現の意義が宙に浮いてしまっている好例だと思います。 難解というものにも種類があり、手掛かりがあり、そこから奥深い表現が見える場合と、手掛かりがほとんどなくそこから先の表現性が見えてこない場合に別れます。この『サテリコン』は後者です。 フェリーニは素晴らしい作家であることは同意しますが、この『サテリコン』に関しては、とりとめがなさ過ぎて、まとまりを欠いた、表現主義的・マニエリスム的な作品だと思います。ほかの名だたる名作と肩を並べられる作品ではありません。

  • レモンオレンジ

    5.0

    フェリーニ監督の超弩級映画 最高傑作

    フェリーニ監督の最高傑作というと 「81/2」と大体いわれています。 一般的には、「道」「81/2」「甘い生活」「アマルコルド」 が傑作と認知されていると思います。 個人的には「サテリコン」が最高傑作だと考えています。 いわゆるフェリーニ監督が天才絶頂期だった時代の映画です。 フェリーニはアカデミー外国語映画賞を3度とっています。 キネマ旬報で年間映画で1位をとった回数は、イーストウッド監督に次いでチャップリンと並んで2位です。 「サテリコン」は確か、当時スクリーンで年度一位だったような気がします。 ジョン・レノンのお気に入りの作品です。 この映画を一言でいうと、「超弩級」としかいいようがありません。 すさまじいとしかいいようのない映像の連続です。 フェリーニ自身が絶好調で天才としかいいようのない時期の作品で 集中力が途切れることがありません。 自分にとっては、世界映画史で1位のランク作品になります。 何度みても凄いとしかいいようがない作品です。 キリスト生誕以前のローマを題材にした小説の映画化ですが フェリーニは、この映画を古代ローマを舞台にしたSFだといっています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
サテリコン

原題
FELLINI-SATYRICON

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日
-

ジャンル