レビュー一覧に戻る
サテリコン

サテリコン

FELLINI-SATYRICON

128

kyo********

5.0

ジトーネは永遠

マックス・ボーンという俳優はその後どういう人生をおくったのだろう。 いろいろと説はあるようだが、この一作で彼は映画史上に永遠に刻み込まれる。 これを語りつくせる人はおそらくこの時代、稲垣足穂くらいしかいなかったのではないか。 フェリーニはこの俳優を発掘したことで作品を成就したといって過言でない。 ジトーネの登場する前半から中盤まででこの物語は終わっている。 映画芸術とはこういうものだ。

閲覧数1,385