ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日

Giant Robo - The Day the Earth Stood Still

-
ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日
4.3

/ 23

61%
26%
4%
4%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(9件)

かっこいい14.9%勇敢10.6%ゴージャス10.6%スペクタクル10.6%泣ける6.4%

  • hor********

    1.0

    おおげさ

    説教臭さ。 画が大げさ、声優が大げさ。 なにもかも大げさ。 自然な演出、抑えた演出が無い。 ただひたすらすごくて過剰な現象のオンパレード。 そんなことをしても横山先生を讃えたことにはならないぞ。

  • fre********

    4.0

    ネタバレ傑作なんですけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • she********

    5.0

    地球に美しき夜を 信じるべき人を信じろ

    DVDで全7話視聴。当時としては最高峰のセル作画、ワルシャワフィルハーモニーによる吹奏楽でもお馴染みになった曲の数々、吹き替えやアニメで有名な豪華声優陣により壮大な世界観を有した本作。 同じ制作会社が作った某SFアニメでも活躍した作画陣と山木プロデューサー、ミスター味っ子やGガンでド派手な演出で話題となった今川監督が率いて作られている。 舞台は近未来。石油や原子力に頼り切っていた時代は今は昔。新たなエネルギー シグマドライブにより世界は電気供給を賄っている。 この世界には世界征服を目論むBF団とそれを阻止すべく組織された国際警察機構とが対立する構成になっている。 ここまでが基本設定で今回のサブタイトル「地球が静止する日」はBF団の今回の作戦「地球静止作戦」を巡った物語。 地球静止作戦は数ある作戦の一つに過ぎない為物語の中で他にも数多の作戦が行われたことが示唆されているが残念ながら映像としてあるのは地球静止作戦だけである。 設定を書き出すと割と定番のロボットアニメ、特撮なのだ。 しかしこのOVAビジュアルからして普通のロボットアニメでは無い。 近未来的なシステムや街、ロボに普通に中華衣装を着た人々や忍者、侍まで共存しているのだ…一体世界観はどうなっているのか。 それはこのOVAが横山光輝原作のジャイアントロボ、鉄人28号、三国志、水滸伝、マーズ、さらに魔法使いサリーまで!を始めとしたキャラクターが一堂に会した世界だからなのだ。(しかし元の世界の記憶を受け継いだ転生ものでは無くスターシステムを用いたあくまで似たキャラである。) 横山光輝スーパー対戦といったところ。 ジャンルはロボットアニメなのだが濃い人間キャラ達の死闘と人間ドラマがある意味一番の見せ場かもしれない。 女性キャラを期待して見る人には申し訳ないが声があるメイン女性キャラは4人しかいない。 味方のエキスパートと敵の十傑衆のおじさんたちの生き様とアクションが視聴者に強烈な印象を与える。中には一周回ってギャグに受け取れるシーンも。素晴らしきヒィッツカラルドの指パッチンしながらダンスを踊り人をまっぷたつにする技や台詞「手伝ってやろうか ただしまっぷたつだ。」や、上半身を動かさず超高速で走る十傑衆走りなど一度見たら忘れられないインパクトがある。(味っ子でもカツ丼を光らせる今川監督だから仕方ない。)と書くと超人アクションだけしか見所が無いのかと言われればそうでは無く、メインのストーリーも充分面白い。 前半は謎の天才科学者フォーグラー博士の亡霊が闊歩し不気味さを感じさせその真意を知った時はまた新たな謎を呼び視聴者を飽きさせない。(それに加え映像的に上記したような抜群の見応えがある) さらにネタバレになるので書かないが地球静止作戦の意味を知ると思わぬ大どんでん返しが起こる。 ここは賛否両論あると思うが私はタイトルやネーミングのうまさを感じたので好意的にみている。 何より見返すと最初から数々の伏線が貼られていた事がわかる。 そう見返して凄さが分かったのだ。全7話とはいえ見るのに1話50分前後かかる。 私は30分のアニメや1時間を超える映画ははっきりいって退屈だと思う時間が数十分あるので2度目は飛ばしてみたりする。 しかしこの作品見返してもいらないと思ったシーンが無かった。 これはメインストーリーの伏線が散りばめられているからと映像的にただ喋っているだけのシーンでも絵や演出が完全に止まっているシーンがほぼ無いからだ。 例えば持っている扇子を手元で遊ばせたり喋る人物をガラスに無数に映し込ませたり、違う心情の人物同士が一緒に同じ台詞を言う。時にはエンジン音で台詞すら消す。 細かな仕事をしてくれた作画班を賞賛したいがまず演出がしっかりしている作品の面白さを教えてくれた監督に感謝したい。 このOVAはアニメーションとして大変優れている。しっかりとしたテーマ性の元、所狭しと動きまくり子気味良い台詞を発するキャラクター達を紹介できないのは大変残念だ。 何周もしたくなるほどの魅力は確かにあるし最後まで物語を引っ張り続けるパワーを持ったいい作品だった。

  • hid********

    5.0

    横山漫画 総出演!!ありえん!

     ボクが強く言いたいのは、この作品が横山光輝氏のオールスターキャストが登場すると言っても過言ではないぐらい、すンごいアニメだということ。横山ファンにはなんとも”贅沢”な作品であるのは間違いないのです。    彼の代表作は有名なところだけで、『バビル2世』、『鉄人28号』、『伊賀の影丸』、『仮面の忍者・赤影』、『水滸伝』、『項羽と劉邦』、『三国志』、『マーズ』あたりです。意外なところでは『魔法使いサリー』なんかもそうです。(まだまだあると思いますが割愛。)  一応、タイトルは『ジャイアントロボ』なので、国際警察機構の草間大作くん(弱冠12歳)がジャイアントロボを操縦します。そう、従来のロボットアニメと違うところは乗り込めるコックピットがあるのではなく、地上からの遠隔操縦です。見たまんま、ジャイアントロボはフットワークは軽くありません。パワフルですが、スロウです。スピード感は期待しないで下さい。    悲しいかな、このロボットには必殺技がありません。当然、ミサイルやバズーカぐらいはあるようですが、どれもインパクトにかけます。「スーパーロボット大戦」というゲームに登場した時は、最強の武器が「全力パンチ」というものでした。えっ?パンチ?グーで殴るの?せめて、「ギャラクティカ・マグナム」みたいな必殺ブローぐらいの名前があってもいいんちゃうの?『アンパンマン』でさえ、「アン パァーンチィッ!!!」というフィニッシュブローを持ち合わせているという、このご時世なのに・・・。でも、その飾らない潔さが40代以上の親父世代にはウケるのかも知れない。そう思うことにしました。    そうそう、登場するキャラクターもニクいネーミングの人物ばかりで、かなりセンスを感じるんです。一部だけ紹介させていただきます。  「眩惑のセルバンテス」  「静かなる中条」  「暮れなずむ幽鬼」  「激動たるカワラザキ」  「暮れなずむ幽鬼」  「不死身の村雨健二」(←ホンマに死なない)  「策士・諸葛亮孔明」(←顔も孔明そのまま)  「衝撃のアルベルト」(←生身の体でロボットより強い)  「マスク・ザ・レッド」(←赤影そのもの、欧米読み?)  「素晴らしきヒィッツカラルド」(←指パッチンします。ポール牧をイメージ)などです。   なんとも、おッシャレでしょ?  よって、横山光輝氏のファンは絶対見ないといけません。失礼にあたります。

  • sab********

    5.0

    豪傑たちの活躍

    本作は、謎の犯罪組織BF団と国際警察機構という二つの組織が 「シズマ・ドライブ」というエネルギーシステムをめぐって 戦うというストーリーです。 まず音楽の素晴らしいことといったら! ポーランドのワルシャワフィルハーモニックオーケストラが 劇中の場面に合わせて演奏しているので、すごい臨場感です。 正直、よくぞここまでこだわったなと思います。 色々なアニメを見てきましたが、ここまですごいのは なかったと思います。 そしてその音楽にのって活躍する横山光輝キャラクターたち。 現代の背広や、中国・日本の時代劇風の衣装に身を包んだ男たちが おのおの超絶の技をくりひろげます。 主役のロボットであるジャイアント・ロボも、重量感あふれるスタイルに デザインされて、とても存在感があります。 ジャイアント・ロボの操縦者である少年「草間大作」も、けなげに がんばります。 アニメーションもとてもなめらかです。 いったいどれだけのセル画を使ったのだろうか?といらぬ心配をしてしまうほど キャラクターたちが、力強く、活き活きと動き回ります。 無国籍風の冒険活劇が好きな方ならば、迷わず本作を視聴することを おすすめします。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


山口勝平草間大作
飯塚昭三黒旋風・鉄牛
若本規夫神行太保戴宗
江原正士智多星・呉学人
家弓家正中条長官(静かなる中条)
青野武公孫勝・一清道人
小宮和枝青面獣の楊志
幹本雄之不死身の村雨健二
秋元洋介衝撃のアルベルト
原康義オロシャのイワン/素晴らしきヒィッツカラルド
千葉耕市フランケン・フォン・フォーグラー博士
納谷六朗鎮三山・黄信
大塚明夫小李広・花栄/シムレ教授
関智一エマニュエル・フォン・グーラー/双追蜴・解宝
麦人激動たるカワラザキ
市川治マスク・ザ・レッド
中田浩二白昼の残月
大塚周夫命の鐘の十常寺
野沢那智暮れなずむ幽鬼
白石冬美サニー・ザ・マジシャン
羽佐間道夫眩惑のセルバンテス
中村正諸葛亮孔明
石田太郎混世魔王・樊瑞
矢島正明草間博士
原田一夫シズマ・ド・モンタルバン博士
緒方賢一小覇王・周通
笹岡繁蔵打虎将・李忠/C級工作員リーダー/Dr.ダンカン
星野充昭両頭蛇の解珍

基本情報


タイトル
ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日

原題
Giant Robo - The Day the Earth Stood Still

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル