レビュー一覧に戻る
機動警察パトレイバー(OVA第1期)

機動警察パトレイバー(OVA第1期)

Patlabor - The Mobile Police

-

kil********

3.0

ファンなら見るべし!

映画版やテレビシリーズ、そして漫画など・・・パトレイバーという作品は多くの枝に分かれてそれぞれでそれぞれの製作者の意向が強く反映して行った作品であると思います。 そしてこの初期OVAはヘッドギアのメンバー(今では各界の大御所となっている方々)が全6話の中でパトレイバーの作品を通してやりたいこと、伝えたいことを詰め込んだ作品であり、話ごとにそれぞれの色が強く出されています。言うなればオムニバスのような作品達であると感じました。 最終的に、このOVA6話ではヘッドギアのメンバーのやりたいことは不燃焼で終わってしまい、「メンバーのフラストレーションが溜まった結果できたのがそれらを解消するための劇場版1である」と、いつぞやかパトレイバーのアニメ夜話に出演していた出渕氏は発言されていましたが、それでもやはり短い30分に詰め込まれているものはパトレイバー好きなら見ても損は無い作品であると思います。 特におススメは「二課の一番長い日」。これはおそらく劇場版2作目の基となったであろう作品で、劇場版2作目は本来もっと二課の面々(篠原や野明達)の活躍が描かれるはずでしたが、時間の関係上カットされたというのは有名な話。小説版のTOKYO WARではその省略された二課の活躍も描かれています。そしてこのOVAの「二課の一番長い日」を見るとよくわかるのですが、劇場版では描かれなかった部分がにじみ出るように(決して同じではないですが)二課の活躍が描かれているのです!また作品を通して伝えようとしてる事や、随所に見られる名言等。劇場版は好きだけど、それ以外は知らない。という方もこの話だけでも見る価値はあると思います。 全てのパトレイバーはこのOVAから始まりました。是非どうぞ。

閲覧数527