銀河英雄伝説
4.4

/ 28

71%
11%
11%
4%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

悲しい11.1%かっこいい11.1%勇敢11.1%スペクタクル11.1%切ない11.1%

  • kou********

    5.0

    見果てざる夢

    小説からのアニメOVA化である当作品 ですが自分がこれまでに観た長編アニメ の中で最高の部類に属する傑作です。 何と言っても多数に及ぶ登場人物の誰も が個性的。 そして当時の有名どころの声優さん達が こぞって出演、しかもどの役の声優さん も完璧にマッチしている。 そして軽妙で絶妙な掛け合い。 ここまで声優陣が際立つ作品は他にない。 それ程までに愛着を持ってしまうキャラ 達なのでストーリー展開には個人個人の 願望も当然生まれる訳で、ストーリー展開 には完全に満足できないだろうが、最高に 素晴らしい作品であるのに変わりない。 この作品に出会えて幸せです。

  • tea********

    5.0

    文句なしです。

    政治・戦争・恋愛などなど、全ての要素がこのアニメに詰め込まれています。アニメってせいもあるかも知れませんが、難しくなくこれだけのテーマを連ねる作品は類を観ないでしょう。永遠に語り継がれるべき、日本が誇るべきアニメです。絶対観て下さい。

  • sho********

    5.0

    アニメ至上傑作品

    敵、味方関係なく。物語は歴史の流れを大局的に捉え進行して行く。しかも根底にあるのが、宇宙の広大さ、宇宙の時間の広がりに比べ、かくも人間がしている事は小さいものかを理解した、両陣営のキャストが、それぞれの役目を鮮烈に激しく生きていく煌めきは、人間のはかなさと、日々人間はそれでも生きていくすばらしさを教えてくれる。戦争、恋愛、政治、哲学、心理を通して、また、声優陣が凄い。

  • fai********

    5.0

    田中芳樹の歴史的名作

    私は田中芳樹という著者が好きです。 そんな彼の歴史的SF小説が『銀河英雄伝説』です。 帝国軍と同盟軍双方の視点と、中立を守りつつ様子を伺う自治領の視点、全ての視点から描かれています。 普通1つの国に焦点を当てる事が多い中で、全ての視点から描く事によって何が正しいのかを見る者に考えさせるアニメです。 民主主義を掲げていながらもやっている事は共産主義な同盟軍の上層部。 そんな上層部に嫌気をさしながらも指揮を取るヤン・ウェンリー。 貴族が圧倒的な政治力を誇る帝国軍において、平民を蔑ろにしている貴族を打破して宇宙を手に入れようとする主人公ラインハルト。 そこには人間同士の醜い戦争、内乱、謀反、謀略etc. アニメというカテゴリーだからこそ軽く受け流す事が出来ますが、その中身はとても興味深いです。 ストーリー展開は現代の社会と全く同じですね。 むしろ昔から人々は過去の歴史から何も学んでいないという皮肉が混じっているのでしょう。 自分の中の正義の為に職務を全うする者。 自分の欲の為だけに生きようとする者。 自分の大切な人間を守る為に戦う者。 それぞれのキャラクターにそれぞれの物語があり、見ていて全く飽きが来ない。 過去のSFアニメは「人間対宇宙人」という構図が多いですが、『銀河英雄伝説』は「人間対人間」の戦いなので感情移入もし易く、魅力的なキャラが多いのも良いですね♪ 20年以上も前のアニメですが、現代に通じる物があります。 歴史的SFアニメではないでしょうか? お薦めです。

  • dck********

    5.0

    戦争SFアニメの不滅の金字塔!!!

    アニメにもいろいろなジャンルがありますが、戦争SFアニメは数え切れないぐらい沢山作られてきました。 しかし、その中でも「宇宙戦艦ヤマト」、「機動戦士ガンダム」、そして「銀河英雄伝説」の3本が特筆に価する存在である事は誰もが認めるところだと思います。 1982年に田中芳樹さんの原作が発表され1988年に最初の劇場版が公開された「銀河英雄伝説」は戦争SFアニメの金字塔と言って差し支えないアニメ史上の傑作です。 源は同じ地球でありながら地球人類の末裔達が銀河帝国と自由惑星同盟に分かれて長い戦争を繰り広げる物語ですが、そのストーリーの奥深さ、歴史の重厚さを実感させる見事な演出、「ヤマト」、「ガンダム」を更に進化させた映像表現、政治や軍事的な考証もマニアを納得させる出来であり、多くのファンを今なお虜にしている名作と言えます。 原作が三国志やナポレオン戦争をベースにしている事はファンの間ではよく知られています。私はゲルマン民族とユダヤ民族の対立の歴史をアニメ化した、との感想を持ちます。 自由惑星同盟の先祖達が巨大なアイス状の宇宙船を作り帝国側から脱出する件はユダヤ人がパレスチナから脱出する光景に重なります。 帝國側の人物描写は明らかにナチスドイツのイメージですが、ベレー帽を着用した同盟側の軍人はイスラエル軍のイメージにダブります。 「ヤマト」以降のSFアニメは敵も見方と同じぐらい魅力的なキャラを登場させるようになりましたが「銀河英雄伝説」ではむしろ敵である帝国側に多くの魅力的キャラが存在します。 実際のところ、このアニメでは敵味方など関係なく宇宙の壮大な歴史を舞台にした”時代絵巻、宇宙叙事詩”との印象を受けます。 (雑談1)同盟側で一番魅力的だと思うのはヤン・ウェンリーの副官で後に彼の妻となる女性兵士フレデリカ・グリーンヒル少佐。「ヤマト」の森雪、「ガンダム」のヤシマ・ミライに匹敵する魅力の女性キャラ。 (雑談2)帝国側では”帝国軍の双璧”と謳われるロイエンタール、ミッターマイヤー両帝国元帥が大変魅力的。ロイエンタールは「バルジ大作戦」のヘスラー大佐や「ヤマト」のデスラー総統のイメージを継承している。ミッターマイヤーはナチスドイツ軍のビットマンSS大尉のイメージを感じる。 (雑談3)ラインハルト・フォン・ローエングラム銀河帝国皇帝のモデルはチンギス・ハーンともナポレオンともとれる。 (雑談4)「ガンダム」では登場する兵器の主力はモビルスーツであったが、「銀河英雄伝説」では「ヤマト」と同じく宇宙戦闘艦が主力。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
銀河英雄伝説

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-