ここから本文です

サハラ戦車隊 (1943)

SAHARA

監督
ゾルタン・コルダ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 35

4.13 / 評価:19件

戦争映画ではなく、人間ドラマです。

  • sharipu10rano427rutame2 さん
  • 2011年6月28日 16時57分
  • 閲覧数 938
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

第2次世界大戦の砂漠での戦いを描いた秀作です。ヒトラーに盲従するナチスドイツ軍人と対照的に捉えることによって、多国籍軍を率いるリーダーとして、よきアメリカ人の在り方を描いています。湾岸戦争やテロとの戦いに関わるアメリカ軍も同様、他人のために命を捨てる覚悟で戦争に来ている人々に、このくらいの評価をしてあげないといけないような気がします。在日米軍に対する「おもいやり予算」の問題が政治問題化していますが、額の多寡は別として、他人のために死ぬ覚悟で戦う方々に敬意を表する考えを持ちたいものです。この映画は、他にもいろいろな問題を提起しています。例えば、リーダとなるアメリカ人より上位等級に値する英国軍人がアメリカ軍の軍曹を立てる一幕は英国の政治姿勢そのものを表現しているようにも思えますし、また、捕虜の身でありながらも黒人兵に対し蔑視の感情を露わにするドイツ軍人に対して、人種差別は過去の事であると一蹴する場面など、戦争映画としてではなく、人間ドラマとして奥深いものがあります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ