スプリガン

Spriggan

90
スプリガン
3.5

/ 65

17%
34%
35%
9%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(11件)

かっこいい26.7%勇敢26.7%悲しい6.7%不気味6.7%パニック6.7%

  • f_m********

    3.0

    見た目が大事な時もある。

    友人が観たいというので、公開当時観に行きました。 ネトフリでシリーズ化なったと聞いて、ティーザーを見ると、ビジュアルは映画設定に近かった。 映画を観に行った時、何かに「キャラクターは漫画と大分異なります」と書いてあって、そうなんだ?と思いましたが、本当です。(今は家に漫画ある) ストーリー設定も面白かったし、アニメにすると迫力があっていいと思いますが、 ラストで御神苗の服装がマッチョ半ズボンみたいになったのが、私的に超ダサかったのがマイナス点です。ごめん。笑 大友克洋監修なので、AKIRAっぽいのは仕方ない。 お暇なときにどうぞ

  • kaijuya

    3.0

    ファット&リトルとの戦闘描写は最高の一言

    90分位の作品なので、精神世界みたいな深いところまで 描けないので浅い作品となってしまったのが残念ですが 中盤あたりの雪山戦闘演出は一見の価値有りです。逆に大佐との 勝負は地味に感じてしまうので見終わった後がもっと おかわり欲しい です。美味しいんだけど一口で食べ終わっちゃう料理みたいな映画。

  • fre********

    3.0

    レビューは書いたはずだったのに

    消えちゃったのか、それとも書いてなかったのか うろ覚えですけど、面白い映画だったと思います でも監督のインタビューを読んだら、原作の世界観についていけて無いとわかってしまって… 狼男はいいが、魔女は無理だったかなー うーん、現実にはどっちもいないし 自称魔女は存在しますし 監督の理解できないこだわりを知ると、作品の違和感に納得できるのは良いことなんですけどね

  • mat********

    5.0

    凄いに尽きる!

    いろんなアニメーション映画を見てきました。 この年代の作品では映像美はもちろんのこと、人物の動きもとても滑らかです。 またカメラアングルもかなり凝っていて、主人公が折れた刃物を投げるシーンはただただ凄い。やられたなぁという気分です。 アキラの大友さんが手掛けただけあって私的にはアキラ以上の作品だと感じました。 今現在見ても何の遜色もない作品です。

  • mka********

    4.0

    遺跡を守るスプリガンをご存知かっ!!

    超古代、現代を遥かに上回科学力を持つ文明が存在した。 ある遺跡から発掘された金属板。 そこには、超古代文明の人々からの警告が記されていた。 「我々の残した遺跡を、悪しき者より守れ。」 そのメッセージに従い、アーカム財団は彼らの遺産(オーパーツ)をあらゆる権力から守り、封印、破壊する組織を結成した。 そして、アーカムのトップエージェントはスプリガンと呼ばれ、恐れられる存在になっていった・・・ これが、原作漫画の設定です。 内容は、アーカムのS級エージェントの高校生・御神苗優の活躍を描いた、SFアクション。 連載は週刊少年サンデー。 原作はたかしげ宙。 漫画は皆川亮二。 コミックスは、全11巻。 この映画は、漫画・スプリガンのアニメ化です。 監督は、“AKIRA”の大友克洋。 原作は、一つの長編では無く、各エピソードに繋がりはあるものの、短編読み切りのような形式になっています。 映画では、コミックス2巻の半分程度を占めるエピソード、“ノアの箱舟編”を映像化しています。 スプリガンは、高校の時に友人との内輪で流行ったので、思い出深い漫画です。 オーパーツ“ノアの箱舟”の発掘を行っていたアーカム。 その、発掘場が米軍に襲われる。 オーパーツを守るために、スプリガンが派遣される・・・ “ノアの箱舟編”は個人的に、ジャン初登場が印象深いエピソードです。 それまでは、登場したスプリガンは優一人でした。 知らない方用に、優とジャンのプロフィールを紹介します 御神苗優 ・日本人の高校生 ・ナイフ、体術、銃器の扱いに優れている ・オリハルコン製のAM(アーマード・マッスル)スーツを装備している ・彼の戦闘力は、少年期の体験に起因している ジャン・ジャックモンド ・フランス人の美青年 ・銃弾すらよける反射神経、スピードと怪力の持ち主 ・実はライカンスロープと呼ばれる獣人 漫画・スプリガンではですね、更にスプリガンが登場したり、優やジャンの過去が明かされたりと展開するんですね。 例えば、主な登場人物を挙げて見ます。 優の師匠にして、謎の功夫マスター・朧。 ルパンでいう所の不二子?、“遺跡荒らし”の染井芳乃。 敵対組織“トライデント”の傭兵、通称“生還者(リターニングマン)”・暁巌。 優に戦士のイロハを叩き込んだ、元スプリガンのボーマン教官。 でも映画版では、一つのエピソードしかやっていません。 ですから、起承転結でいうと“承”だけなんです。 上記の人物も出て来ない。 これじゃ、スプリガンの良さは解りません! と、それが言いたくてレビューを書きました(すいません)。 最後になりましたが、映像として観ると結構グロイなというのが印象。 戦闘シーンとかですね。 映画作品とは、あまり関係の無いレビューとなってしまった事をお許し下さい。 原作ファンとして、訴えずにはいられませんでした(笑)。 興味を持ってもらえたら、まず原作読んでみて下さい。 その後、映画をご覧になるのが宜しいかと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


森久保祥太郎御神苗優
相ヶ瀬龍史マクドガル
城山堅メイゼル博士
子安武人ジャン・ジャックモンド
玉川紗己子マーガレット
高野拳磁ファットマン
鈴木勝美リトルボーイ
有本欽隆ヤマモト
木村郁美スチュワーデス
牟田将士コスモス時代の優
相澤正輝発掘研究隊員
宝亀克寿トルコエージェント
後藤史彦トルコエージェント
坂口賢一下士官
松本大幹部
青山穣幹部
山崎優級友
吉田孝[声優]アナウンス
中田雅之警備兵
押田浩幸警備兵

基本情報


タイトル
スプリガン

原題
Spriggan

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-