ここから本文です

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌 (1997)

Rurouni Kenshin/Samurai X

監督
辻初樹
  • みたいムービー 9
  • みたログ 104

3.16 / 評価:25件

青空はどこまでも高く澄んで

  • オーウェン さん
  • 2009年12月11日 22時16分
  • 閲覧数 1178
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

るろ剣はジャンプでも読んでおり、劇場は鑑賞済み。
久々に見返したがかなり硬派な内容に驚いた。
今考えれば江戸から明治に移行する時代設定を、少年誌で描いていのだからすごいことだ(笑)

今作は維新への新政府を討つ部隊を計画していた時雨と、対峙する剣心。
この二人はある過去の因縁によって、結びつく。

お馴染みのキャラを出しながらも、弥彦のサイドストーリーはかなり重要だ。
白虎隊で父が殉じたことを含めて、あこがれを時雨に抱く。

その他にも斉藤や月岡など本編のキャラがいくつか出演している。
天翔龍閃の名前が出ていることから、原作は大分進んでいると解釈できるが、もう一度読み返すいいきっかけになりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ