ここから本文です

ブラック・ジャック (1996)

監督
出崎統
  • みたいムービー 7
  • みたログ 146

3.52 / 評価:50件

ウイルスとクスリの恐ろしさ

  • nak******** さん
  • 2021年8月18日 22時04分
  • 閲覧数 127
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

中学校の時、テレビでやってたのを見たときは本当に怖くなって「エンドルフアー」がトラウマ級のパワーワードになりました。

今この話を見るとこれが25年前の話かと驚くばかりです。エンドルフアーというクスリが世の中に放り出してしまったウイルス…。モイラシンドロームという奇病の真の恐ろしさが超人類の発病の様子から、これでもかというくらい描かれます。

クスリの開発者、ジョー・キャロル・ブレーンは生い立ちなど考慮すると、この生き方を選ばざるを得なかった境遇にあるとも考えられ、同情の余地があります。

しかしながら、人が生きるという権利を侵した罪は重く、真反対の立場にいるブラックジャックとはどこまでも相容れない存在です。

ただジョー・キャロル・ブレーンの死に際に放つ一言にブラックジャックは同意してあげる。ここにこの映画の救いと彼の人間に対する優しさを垣間見ることができます。

何回も見てしまう名作です。本当に深いメッセージ!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ