ここから本文です

ブラック・ジャック (1996)

監督
出崎統
  • みたいムービー 7
  • みたログ 146

3.52 / 評価:50件

解説

 手塚治虫の傑作漫画「ブラック・ジャック」の劇場版アニメーション。監督に出崎統、キャラクターデザインは杉野昭夫が担当。「鉄腕アトム」以来の虫プロの生え抜きである両氏が手掛けた、ダイナミックなカメラワークや華麗な作画が秀逸。また、「ぼくが医者をやめた理由」の永井明が医学監修にあたり、専門用語、手術描写などにリアルなタッチを付加している。以前治療した少女に新たな病気が併発した事を聞きつけ、ロンドンへと赴いたブラック・ジャック。しかし到着時にすでに手の施しようがない状態だった彼女は、そのまま息絶えた。落胆しながらも少女の病理解剖に立ち会った彼は、そこで愕然とする。その14歳の少女の臓器は、まるで90歳の老人のように使い古されていた……。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ