ここから本文です

耳をすませば (1995)

WHISPER OF THE HEART

監督
近藤喜文
  • みたいムービー 237
  • みたログ 1.5万

4.22 / 評価:3562件

後半が尻すぼみの印象がぬぐえない

  • うそつきカモメ さん
  • 2019年4月2日 7時06分
  • 閲覧数 1065
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

出だしから、あれ?っと思わせる演出で、派手な事件も起きていないのに、引きこまれて見入ってしまいます。ジブリのアニメって、どう言うわけだかテレビでやっているとそのまま画面にくぎ付けになって、最後まで見てしまうものが多いですよね。これもその一本。

しずくが作家を志すようになって、劇中劇が始まるあたりから、物語の雲行きが怪しくなって、着地点が見えなくなります。もともとの原作を知らないので、どこまでが原作者のストーリーなのか分かりませんが、やや唐突に気持ちを打ち明け合って、お話は終わっていきます。

それにしても、あの高橋一生と、同一人物とはどうしても思えない。ものすごく息の長い俳優人生ということになりますね。ポジション的には子役からたたき上げた神木隆之介くんに近いものがありますね。ただし、この映画はともかく、その他の声の仕事はどうにも評価できませんが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ