ここから本文です

耳をすませば (1995)

WHISPER OF THE HEART

監督
近藤喜文
  • みたいムービー 235
  • みたログ 1.5万

4.22 / 評価:3543件

日本が輝いていた時代で懐かしい

  • arigatou1615 さん
  • 2021年2月14日 13時10分
  • 閲覧数 192
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

中学生男女の甘酸っぱく不器用な恋愛(ツンデレ多し)で、
気恥ずかしくなるような青臭いセリフや態度も多く、
「ああ、昔だなあ」と思います。

ただ、80年代後半から90年代初めと思しき時代背景が
本当に懐かしいです。
私は70年代生まれなのですが、自分の中学生くらいの時、
まだまだ両親も若くて元気で、日本の景気もまだまだ良くて
世の中が夢いっぱいで楽しかった頃がこの映画に詰まっていて、
この映画をみると、たまらなく切なく懐かしいです。

団地の背景、新興住宅地の街並み、学校。
当時を思い起こさせる懐かしい景色がいっぱい。
実写ではないアニメだからこその味わい、ノスタルジーが凄く。
何気ないシーンにも、涙が出そうな懐かしさがいっぱいです。
主人公たちの背景に描かれる、ちょっとした小物やインテリアにも。

この背景を描き込まれたアニメーターさんたちに
改めて感謝と脱帽です。

とにかく懐かしくて、当時に戻りたくなったら見返す映画です。
現在の日本は悲しいことばかりで
景気も何もかもどんどん悪い方へと流れていっているけれど、
この映画は、輝いていて良かった「あの頃」にいつでも触れられて
ジブリの中でも特別で、一番好きな映画です。
疲れた時、ささくれた気持ちがスッと優しくほぐれます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ