ここから本文です

魔女の宅急便 (1989)

KIKI'S DELIVERY SERVICE

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 145
  • みたログ 1.8万

4.37 / 評価:3,089件

♪やさしさに包まれたなら♪

  • hamutyu さん
  • 2007年2月20日 23時54分
  • 閲覧数 994
  • 役立ち度 71
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初に手にしたのは1993年の冬。図書館で目に付いた赤い色の1冊の本。
そこには【魔女の宅急便】と書かれて小さい魔女と黒猫の挿絵が描かれていました。
絵本なのでスラ~っと読めてしまったけれど、なかなかいける☆・・
そのあと、ジブリから登場したと聞いてすぐ買いに走ったビデオテープ。


宮崎駿監督は海外や国内にある風景や家も実際にアニメーションにするこだわりがあると言っていましたが、
景色や街などはヨーロピアンのようで温かく、観ながらでも
風を感じさせる気持ちがいい作品だと思います。


子供への訴えがけと大人への訴えがけがシーン1つ1つから、その隠れたメッセージを探すおもしろみを見つけました。



ビューンと箒に乗った大きなリボンをつけた女の子が、風となって物語はスタートし・・・
♪あのひとのママに会うために~♪
アニメとして荒井由美さんの選曲??ブラボー×2
軽やかなPOPSは青い空から町並みを見下ろした爽快感がマッチング!!


『魔女の娘は、13歳になると魔女という《ひとり立ち》をするために1年間の修行に出なければならない約束がある。人間の父親と魔女の母親を持つ少女キキもまた、黒猫ジジを連れて修行の旅に出る。海辺の町、コリコを修行の場に選んだキキは、親切なパン屋のおかみのおソノさんのおかげで、唯一使える魔法である、ホウキで空を飛ぶ魔法を使って宅急便の仕事を始める。初めての仕事では、途中で鳥に襲われて森に荷物を落としたり結構、あわてんぼさん。トラブルもあれやこれやと突き進み仕事を無事終了。女子画学生のウルスラや、少年トンボともお友達となり、少しずつ仕事にも慣れていくキキだったが……。』

キキに集まってくる人々は誰しも温かく、いじわるちゃんだって最後はキキの
見方だもんね!
【おちこんだりもしたけれど、私は元気です】
今でも、この言葉は忘れることはなく元気でいることを心がけるように
しています。


hamuなのに黒猫ジジがだぁ~いすきで、パソコンには2体のふにゃふにゃ
ジジが歓迎してくれています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ