ここから本文です

魔女の宅急便 (1989)

KIKI'S DELIVERY SERVICE

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 145
  • みたログ 1.8万

4.41 / 評価:3,081件

今日も元気です。

  • lag***** さん
  • 2007年7月14日 4時27分
  • 閲覧数 1931
  • 役立ち度 74
    • 総合評価
    • ★★★★★

木漏れ日のようにキラキラしたやさしい作品。

毎日ホットケーキって、うらやましい!って話しながら観てました。当時。
でもニシンのパイも食べてみたいし、風邪ひきにはミルク粥ってどんな味だろう。
って食うことばっかりじゃん。って笑ってました。
それから18年、まったく変わらない、色褪せていない、いや、むしろ輝きを増してるんじゃないかと思わせる世界。
今だに私のなかで「住みたい街 No.1」に輝くあの街。
今回ますます住みたさに磨きがかかり、ひじょうに困っております。


駿作品にはバアさんが出る。元気なバアさん。
それと男勝りな江戸っ子気質の女の子。
今回は本当はセレブなの?って感じの山小屋で夏を過ごす、年齢不詳の絵描きの女の子ウルスラ。
そして何故にそれほどしっかりしているのだ!?のパン屋のオソノ。
どちらもケラケラ笑いスラスラ喋る。
私、申し上げにくいのですが、そうゆうキャラに微妙に違和感を感じるのです。
「ヘンな喋り方だなあ」って。
最近の作品にはあまり声優さんが使われませんから、この違和感が少なくていい。
アニメの良さでもあるのでしょうが、一般向け(?)の作品ならばもっとこう、サラッとした演技でお願いしたいと思うのです。
ウルスラとキキは同じ声優さんが一人二役を演じてるんですね。すごいなあっては思うんですよ。
戸田恵子さんも大好きな女優さんです。



飛べない豚はただの豚ですが、飛べない13歳はただの13歳ではない。
新しい生活や新しい出会いが待っている。
それは13歳だからではなく、自立しようと旅立つことが出来たから。
いくつになっても女の子は女の子。男の子は男の子。(一部例外もあり)
男の子は基本バカだから女の子に引っ張り上げてもらわないと、上手く生きていけないのです。
きっと魔法で操られてるのでしょう。男は女の僕であり家畜でしかないのです。
落ち込んだりもするでしょうが、元気に生きて下さい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ