ここから本文です

サブウェイ (1984)

SUBWAY

監督
リュック・ベッソン
  • みたいムービー 94
  • みたログ 599

3.27 / 評価:124件

いまとなってはなんだったのか

  • morecambeandwise さん
  • 2018年5月6日 22時54分
  • 閲覧数 476
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クリストファー・ランバート(ここではクリストフ・ランベール表記)の若さ、大胆不敵さに一種の吸引力があり、ルパン三世を見ているような錯覚も起こすのですが、最終的に目指すものが特にない、なりゆきに流されているだけのところがどうにも救いきれない。

途中からイザベル・アジャーニ演じるエレナの背景が見えてきたところでストーリーが転がるのですが、いかにも後付け。ラストが特に悲しくもなく、どっちらけで終わります。まあ、でもこれでリュック・ベッソンの名が知れ渡ることになったわけだから、結果オーライですかね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ