ここから本文です

ザ・フライ (1986)

THE FLY

監督
デヴィッド・クローネンバーグ
  • みたいムービー 105
  • みたログ 2,443

3.87 / 評価:724件

世の中のはみ出しもの

  • 仙台っ子 さん
  • 2011年4月9日 20時16分
  • 閲覧数 867
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作でもクローネンバーグ作品で頻繁に取り上げられる、“正常な世の中で苦悩する異形者”というテーマが明確に表されている。

物語自体は非常に分かりやすいものだが、
その中で興味深い問題がいくつも提示されている。
進歩しすぎた情報化社会で起こりうる悲劇は、全くの他人事として見ることはできない。

特に、コンピューターがいくら発達しても全てを解明できるほど単純ではない人間の肉体の複雑さを丹念に描写している。
身体を内面から、そして遺伝子や細胞や組織といった非常にミクロな視点から鋭くえぐり、人間の本質や存在、アイデンティティの問題まで昇華させることに成功している。
また、テレポーテーションや人間同士の融合、さらには妊娠などといった肉体に関するキーワードがいくつも散りばめられており、それが作品に深みを持たせている。

徐々に人間から怪物へと外見が変わっていく主人公を丁寧に、そして淡々と追っていくことで、主人公がラストで怪物になっても、そこには人間性が垣間見える。
だからこそ、主人公の恋人の苦悩や決断が身に染みて伝わってくる。
もちろんSFXが非常に素晴らしいが、それよりも機械などの物質的なものを通して提示される、物質とは異なった人間の肉体について深く考察した傑作である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ