レビュー一覧に戻る
ザ・フライ

ザ・フライ

THE FLY

97

hik********

4.0

普通と異常が混濁した狂気の世界。

この映画の何が上手いって、この俗っぽさが良いんですよね。 どう言うことかというと、“ハエ男”云々の要素を除けば、元々は、仕事の悩みや、男女関係のもつれから始まっており、子供を産む産まないで揉めるカップルなど、普通にリアルにありそうな話が展開されるだけなのです。 そこに“ハエ男”という異常な要素が加わることで、普通と異常が混濁し、極めて異質な世界観が構成されているのです。 (「ハエ(蝿)」というのがまた俗っぽくて良いですね) そのハエ化の過程の非常にグロテスクなビジュアルは、いま見ても衝撃度は色褪せず、見る者を慄かせながらも惹きつけます。 造形的にも高く評価されているのも頷けます。 生理的に嫌悪するお気持ちはじゅうにぶんに分かりますが、 一人の科学者の、ないし一人の男の悲劇と愛を描いた、今なおカルト的な人気を誇る秀作だと思います。

閲覧数629