ザ・フライ2/二世誕生
3.2

/ 220

11%
24%
44%
17%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(40件)


  • hik********

    2.0

    カエルの子はカエル(ただしハエ)。

    これはこれで悪くはないが、前作のような深みは無く、青春B級ホラーのようになってしまった。 グロテスクな描写はパワーアップしていた。

  • har********

    1.0

    愛が足りないぜ

    1作目のヒットに気を良くしたブルックス・フィルムが、 新たにクリス・ウェイラスを監督に据え、 ポッド裏の2匹目のハエを狙って製作した第2作。 見事に駄作となりました。 前作でSFX担当だったクリス・ウェイラスは、 「ブランドル・フライは、繭にならない。昆虫の法則に反している」 とかなんとか文句をつけていたが、 こだわるべきは、そんなところではない。 (そもそもブランドル・フライはハイブリッドで昆虫ではない) 特殊メイクアーティストとしては優れているが、監督としては凡骨。 脚本(ミック・ギャリスほか3名)も、バートック産業の クズ面々並みにクソ。 ワンコで受け手を釣ろうとは、姑息というほかない。 受け手側のキャラであるはずの、マーティンも 「あいつらは悪だ!クソだ!、俺が正義だ!裁くのは俺だ!」と 息まくが、自身のクソっぷりには気づかない体たらく。 音楽のクリストファー・ヤングは、前作のイメージを 壊さないように努めているが、ハワード・ショアには及ばない。 まぁキャスティングは、いいんじゃないかと思う。 俳優さん、頑張ってるし。 筋書からブルックス・フィルムは、 3作目も企画していたんじゃないかと思うが 今のところ、製作される気配もなく、 ウェイラス氏も監督としては成功しなかったとさ。 めでたし...めでたし。

  • 風よ吹け

    4.0

    オチがちゃんとついた続編

    前作の悲惨な終わり方から、ちゃんとストーリーに継続性をもたせた続編。 エリック・ストルツのまだ少年ぽい若さと、ダフネ・ズニーガーの素朴さがいいマッチングを見せて、しかも前作のラストのジーナ・デイヴィスのややエゴイスティックな突き放し方と対照的なエンディングで、続編にしてはちゃんと「。」がついた感じがあります。 母親役のジーナ・デイヴィスは、冒頭の出産シーンだけで死ぬならいやだと、出演を断ったようで、別な女優さんがちょっとだけ演じています。 途中の人間ドラマはなかなか魅力的に描かれているのだけど、特殊メイクとアクション中心のシーンになってから、どうも人物の行動原理やリスク管理能力に疑問符がつく展開になってしまい、ちょっと残虐なスプラッターシーンもあるので、好みが分かれるかもしれません。 半分父親のようなつもりで主人公マーティンに接するバルトーク社長、実は技術開発のために実験動物のようにマーティンを扱っていたとわかるところが心理的なミソでしょうか。マーティンの早熟な才能で改善した物質移転のプログラミングのパスワードがなにか、というところで意外に泣かせる作りになってました。

  • cyborg_she_loves

    5.0

    何度も見たくないと思わせる傑作

     傑作であるがゆえにこそ、何度も見ることができません。あまりに悲しい物語でありすぎて、耐えられなくなるからです。  それだけ耐えられなくなるっていうことは、それだけ感情移入して見ている証拠ですから、つまりそれだけ見ているこちらを引き込んでしまう傑作だと思うわけです。  もちろん、悲しいといっても、最後は「ざまーみろ」的な解決になっていて、マーティンもちゃんと元に戻って、一定の納得感というか、安堵感というか、そういうのは得られますよ。  しかし、嫌なやつらが全部殺されるばかりでなく、一番嫌なやつがああいうふうになるのを見て気分よく見終えてる自分に気づくと、複雑な気持ちになりますね。それじゃあ変形した犬を飼いつづけて喜んでたバートックと、おれは全然ちがわないじゃないか、って。  というわけで、すっごく悲しい、もやもやした、複雑な気持ちにさせる映画なんですけど、でも一番奥底のところには、生き物に対する深い愛情が流れているから、やっぱり「いい」映画だったなと、思います。

  • cpb********

    4.0

    号泣

    知ってる人なら分かるワンちゃんのシーンがあるのですが 小学生だった頃、洪水のように泣きました。 現在だとハリボテ感はそこそこ満載なのですが、ある意味 今だったらこのBPOが激怒しそうなぐらいの表現が 生き物を大切にしたいと思うキッカケにもなるのかなと思いました。

  • dam********

    4.0

    グロテクスな特殊メイクは今作も健在

    ヒトとハエのハイブリッドになった前作の息子が同じような運命を歩む話。 成長が早く5歳で成人になり、父親の物質転送の研究を引き継ぐ。 生後5年で女を抱きやがってしっかり三世誕生のフラグも作ってました。 クローネンバーグ監督じゃなくなったけどグチャグチャしたグロテクスな特殊メイクは前回同様で素晴らしかった。 そのまんま続編だったけど決して劣化版でもなかった。

  • hop********

    4.0

    前作に負けず

    こちらも面白いです。続編はコケることが多い中、頑張ったほうではないでしょうか。 前作よりも、恐怖感がグレードアップしています。ハエ男による殺戮の被害者が、比較にならないほど多い。しかし、筋の通った行動になっているので、嫌悪感はあまりありません。むしろ、ハエ男を応援していたくらい(笑)。 最後は、(一応)ハッピーエンドになりますので、後味もさほど悪くはなかったです。

  • JUNJUN

    3.0

    感想

    期待を裏切らずに、2作目もグロい。御飯時は見てはいけません。

  • 1048

    4.0

    評価以上に面白かった‼

    (1)より(2)の方がおもしろいシリーズ。 大概2ってとんでもなく面白くないのだが これは違った((1)もおもしろいけど)! 評価が3点前半だったので心配したが、 個人的には4点は十分ある。 内容的には後半エイリアンみたいな展開になるけど(笑)

  • mya********

    2.0

    ネタバレグロくて、暗くて、後味悪い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ter********

    3.0

    Like father like son...

    主演のエリック・ストルツは本作以前に 「バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)」の 主役にキャスティングされ本編撮影をかなり進んだ段階で マイケル・J・フォックスに主役交代をさせられたのは有名な話だ 「バック・トゥ…」の 主人公マーティの名字は「マクフライ(McFly)」… 「Mc」が付く名字の家柄は伝統的にスコットランド系か アイルランド系の出身らしく語源的に「McFly」とは 「Flyの息子(Mcはケルト語でSon of~)」という意味。 そこで「バック・トゥ…」ではFlyをハエという意味にひっかけて 「Hey, I'm talking to you, McFly! you Irish bug.」 (おい、お前と話してるんだマクフライ! アイルランドの虫め) と云っている 制作陣が降板させられた心情を汲んでなのか  単に洒落なのかは不明だが エリックが主役に選出され 「マーティン・ブランドル」にキャスティングされた 他にも「バック・トゥ…」を意識した個所は 実験でテレポーテーションした猫を「プロメテウス」と名付けていた これは「バック・トゥ…」の作中で世界初のタイムトラベラーである 犬の名が「アインシュタイン」なので それを踏まえたのだろう ザ・フライの1は公開当時の「AIDS」問題と 生物の遺伝子操作に置換えられて話題にもなった作品だったが 2ではさらに「遺伝」に焦点が当てられた作品となった おぞましい描写に目を奪われ 作品の奥底にある 逃れられない宿命を背負った一人の人間の哀しみを 見過ごしてはならない 米国版のトレイラーでは 「Like father, like son(父ありて、息子あり)」と謳われている もちろん前作の正当な続編である事を意味しているが 親を知らずに生まれ育った 無垢な人間のアイデンティティを含ませていて 非常に重いテーマとなった エリックは1984年の作品「マスク」でも 理不尽な宿命を背負ったけなげな少年の 人生を演じた 先天性の奇病を持って生まれた実在の少年 ロッキー・デニスの生涯を描いたその作品は 一見の価値がある

  • jir********

    3.0

    午後ローで観ると面白さ倍増!?

    前作との記者との間に子供が出来ており誕生する所から始まる。 その子供はサナギのような物に覆われて産まれてきて、天才ではあるが普通の人間より成長が速くあっという間に青年期を迎える。 施設に囲われながらも恋をしたりと、これから人生の楽しみお味わえるかと思った矢先、父親の遺伝子が濃く表れ始め自身も異形の姿へと変貌していく。 主人公の男が、イケメンだが世間知らずの坊っちゃんという役柄には合っているものの、魅力がちょっと薄い。 物語はテーマの抽出より、エンターテイメントを重視して作られている。 ただ、やはり演出が古く午後ローで観たのだがいかにも午後ローだなぁ。。。という良く言えばほのぼのした気持ちになる。 これ観ながら、よだれたらしながらウトウトなんかしたら小学生の最高の休日という感じ。 意外性はないが丁寧に作られているので好感が持てた。

  • wat********

    3.0

    前作のほうが良かったが

     テレ東「午後のロードショー」で鑑賞。前作もよかったが、こちらもよい。何せ安っぽいCGが使われておらず、なかなか迫力がある。特に、ラストは復讐とばかりに、社長を悲惨な目に遭わせる。恐るべし。

  • ろん

    2.0

    ネタバレがっかり。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スーザン

    4.0

    ラストがエグくて秀逸。

    ヒット作の続編でクォリティーが落ちるだろうと思いきや、なんのB級グロ路線で頑張った作品でした! 犬は哀れなのですが、ラストで感じるカタルシスをお待ちください。

  • ang********

    3.0

    ネタバレ犬です。犬が見方を変えました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    4.0

    続編 及第点

    続編となると大概はつまらなくなるので、しかも今回は監督も変わり、キャストもほぼ一新されているから、あまり期待せずに鑑賞したんだけど結構楽しめた。 グロ描写は前作より増していて気持ち悪さが半端ない。 食事中に鑑賞は絶対無理だ(笑) ラストの展開も良かったです。

  • nin********

    4.0

    ネタバレラストが……

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pin********

    3.0

    ハエ男

    学生の時みた時は、ラストが恐くて印象に残ってました。 確か1もみたんだけど、すっかり忘れてました。 今みたら、B級ですが 私の好きな バ ケ モ ノ設定 ではありませんか。 ああ かわいそう。ハエ男だなんて。 てゆうか、わんこが一番かわいそう。 ラストはブラックです。社長の末路怖すぎ。

  • dou********

    4.0

    手作りSFX

    あんまり調子に乗ってると最後に泣くことになるかもしれんよってラストが良いですね(笑)見所はやはり特殊効果。と言うかそれが目的で作ってるのがこの頃のホラー映画ですし。

1 ページ/2 ページ中