ここから本文です

ザ・プラマー/恐怖の訪問者 (1980)

THE PLUMBER

監督
ピーター・ウィアー
  • みたいムービー 2
  • みたログ 59

2.50 / 評価:17件

観ていて疲れない恐怖映画

  • little3phenix さん
  • 2015年10月9日 7時57分
  • 閲覧数 497
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

配管工の嫌がらせの目的は、多分真面目で冗談を真に受けてしまう様な人をからかう事だろう。主人公の主婦以外からは『いい奴、良い人』と言われていることでも分かる。
最後の復讐は安易過ぎた。もし、配管工が釈放されたら、えらい復讐があるはずである。
この映画は精神的恐怖を描いたもので、セクシー、バイオレンスは殆ど無しと単純な作りの物とは違い、スピルバーグの『激突』など古き良き時代のサスペンスを思い出し、好感が持てた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ