ここから本文です

ヤマトよ永遠に (1980)

監督
舛田利雄
松本零士
  • みたいムービー 9
  • みたログ 260

3.32 / 評価:76件

商業主義に嫌気がさした頃

  • うそつきカモメ さん
  • 2017年12月24日 23時45分
  • 閲覧数 1014
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

当時、大した話題にもならなかった「世界初ワープディメンション上映」という隠し玉を謳って、派手にぶち上げてくれました。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」で、見事に物語を終えた後だけに、どうしてこんな簡単にキャラクターたちが復活してしまうのか、腹の底から怒ったのを覚えています。そしてプロデューサーのことが大嫌いになったものです。私も若かった。

この後さらに続編が製作されますが、見に行く気にもなれなかったので、私にとってこれが最後の「ヤマト」になりました。

この時にはもう「ガンダム」が生まれていて、「ヤマト」の価値観がなんとも古臭く感じたものです。やがてガンダムですら、粗悪な続編が製作され続けることになるのですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ