レビュー一覧に戻る
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち

noj********

5.0

大ファンなのに一度も劇場で観られなかった

初めて映像を観た時、子供ながらに今まで観てきたアニメはなんだったんだと思うくらい画の美しさに衝撃を受けた。 行きたくて行きたくてどうしようもなかったのに、親に連れて行ってもらえなかった。哀しい思い出の作品。(観たのは数年後、ようやくテレビで放送してくれた。まだビデオデッキも出回ってないそういう時代でした。) キャラクターもメカも背景も細部まで丁寧に描かれていて、当時の最新技術なのか透過光で照らされたヤマトが飛び立つ姿がとにかく美しくて、なんてかっこいいんだと思った。 戦闘シーンの第一艦橋での緊迫したやり取りがこれまたかっこよく、私が特に好きな武器は「主砲」なのだが、そういった効果音の重量感もたまらなくかっこよかった。 物語も、ここまでやるかというくらい作り込んでいて見応えがあった。 今観てもさすが演出が素晴らしく、多分泣かせる気で作っていると思うが、わざとらしさを一切感じなかった。この年齢になると演出のあざとさが透けて見えて冷めた目で見てしまうのだが、自然と話にのめり込み、涙が出た。 純粋に伝えたいことがあるんだ、いいものを作るんだという作り手の熱意が伝わってきた。作っている時点では、本気で「最後のヤマト」として作っていたんだろう。本当に昭和の時代に、よくこんな大作のアニメを作ったなと思う。本当に凄いと思う。 そして何よりヤマトの素晴らしいところは、ドラマ性が高いこと。 登場人物全てに厚み(人間味)が感じられ、だから一人一人の結末が哀しくて心から傷ついた。加藤や真田さんや齋藤に佐渡先生に雪に・・デスラー。はっ…山本も。あ…徳川機関長も(全員書きたくなっちゃう) 演じている人達が素晴らし過ぎた。声優という役者さん達を意識して観るようになったのはこの頃からだった。 そういった自分の中の色んな感情を湧きださせることができ、今も記憶に残る最高の作品。 アニメブームを生んだ最初のエンターテイメント超大作。 これがなかったら今のアニメの時代はない。

閲覧数576