ここから本文です

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち (1978)

監督
舛田利雄
松本零士
  • みたいムービー 27
  • みたログ 587

4.24 / 評価:225件

アニメ史上最高の作品

  • kts***** さん
  • 2019年3月7日 1時20分
  • 閲覧数 137
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

素晴らしい。
あらためて観ましたが、涙が止まりませんでした。

まず、特攻礼賛という声はまったくもって的外れ。
40年以上前、まだ共産主義が強かった時代に、全共闘を背負ってた世代が躍起になって批判してただけのこと。

愛する人を守りたい。
ただそれだけの尊さ。
人間の素晴らしさ。
さらば宇宙戦艦ヤマトはそれを真正面から描いてくれた。

さらばの戦士たちだって生きたい、幸せになりたいと願っていた。

ただ敵は強大過ぎる。
命を懸けなければ、大切な愛する人を守れなかった。

そこに生命の輝きがあったのだ。

幼い頃、土方、斉藤、真田の美しさに感動したことを今でも覚えています。

そして、超巨大戦艦があらわれたときの絶望、沖田の教えを覚えています。

そして、二人きりになった古代と雪の美しさを。

3時間未満の短い時間、よくこれだけストーリーを整理し、素晴らしい音楽で演出してくださったと思います。

アニメであるにもかかわらず、くだらない設定批判をする人もいるようですが、もう一度クリアな目で見て欲しい。

史上最高の映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ