ここから本文です

ザ・バニシング-消失- (1988)

SPOORLOOS/THE VANISHING

監督
ジョルジュ・シュルイツァー
  • みたいムービー 195
  • みたログ 179

3.30 / 評価:131件

何事も練習って大事!

  • シャオフー さん
  • 2019年5月28日 1時23分
  • 閲覧数 454
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランス人のレイモンが緻密にタイムを計り
記録する姿を見て自分の神経質さを思い出し、
「私ってこういう才能があるのかもしれないナ」と思いました。

ちゃんと妻子もいる、反社会性パーソナリティ障害のフランス人男性が、
旅行に来ていたオランダ人カップルの女性だけを首尾よく誘拐する話です。
たまに「なんであんなヤツ・女がモテモテなんだ?」と思うときがありますが、
そういう人は尋常じゃない人数に声をかけていて、釣られた人はたまたま
ひっかかっただけであることが多いのがわかります。

――薬を嗅がせるときは流れるようなターンでさりげなく。
悲鳴を上げても近所の人に聞こえないか確認しておく、しかも家族を使って。
人間ってやっぱり、成果を他人に知らせたいものなんだねえ。
レイモンが声をかけた中で、車にトレーラーをつなぐのを手伝うふりをして
旦那を寄越した奥さん、一枚上手でしたね~。

複雑なプロットに慣れた現代人には物足りなく感じるかもしれませんが、
レイモン役ベルナール・ピエール・ドナデューの、表情をほとんど変えない
細かい演技に感心したり、誘拐成功のためにひたすら練習と研究をするという
常人の感覚からすると間違った努力の方向性になぜかおかしみを感じたり、
変態を安全なところからじっくり観察できる良い映画だったと思います。
また、序盤のレックスとサスキアの仲直りする様子は、ケンカが多い
カップルには大変参考になりますよ。

何だか映画の感想になってなくてすみません!








もしかしてネタバレにつながるかもしれないので、追記下げます:
ちなみに自分がレックスの立場だったら、八割がた真相がわかった
あの時点で、とりあえず車をぼこぼこに蹴った後、いったん帰る。
それで、おうちで詳細に復讐の方法を考えます。
(こんな舐めたこと言ってると返り討ちにあうんだろうな・・・)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ