ここから本文です

MEMORIES (1995)

Memories

監督
大友克洋
森本晃司
岡本天斎
  • みたいムービー 39
  • みたログ 622

3.55 / 評価:141件

大砲の街

  • dsl***** さん
  • 2019年6月25日 23時38分
  • 閲覧数 490
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

一度目の視聴。巨砲- 大和- 第二次世界大戦中の日本を指しているのか?というところまでは理解する。あと全体的に軍隊式であるところもそれを匂わす。
二度目の視聴。街の郊外に無数の着弾跡があるにも関わらず被弾した敵の姿が全くないのに「敵に甚大な被害を与えた」と言ってるところで大砲の街自体は第二次世界大戦中の日本を指していると確信する。
三度目の視聴。最後に主人公がベットに入ってからエンディングに入るまでの5秒足らずのカットに答えを見つける。
要は、大砲の街(大日本帝国)が相手にしていたのはUFO、即ち大砲では勝てるはずもない敵(米国)だったという、過去の日本がいかに無謀な戦争を仕掛けたのかをシュールに描いた作品である。
戦争の虚しさを上手く表現している非常に優れた作品であると感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ