あの夏、いちばん静かな海。
4.2

/ 482

48%
28%
17%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(120件)

切ない29.6%泣ける17.6%悲しい13.6%ロマンチック11.6%笑える5.2%

  • ity********

    5.0

    北野たけし映画、日本映画の最高傑作

    生前の淀川長治さんに「一番好きな日本映画」と言わしめた映画です。 淀川長治さんは生前、たけしさんのすべての映画を絶賛していましたが、特にこの映画に関しては手放しの大絶賛をしていました。 作品賞と監督賞の同時受賞は難しいブルーリボン賞の作品賞、監督賞を受賞した映画。 はてさて、それほどの映画とはどんなものかと思いながら観たのですが…… 初めて観たときの感想は「なんかよくわからない」でした。 とにかく静かな映画。映像は美しいし、久石譲さんの音楽も心に染みる。でも内容がどうかと言われると、どう表現したらいいのやら。 しかし、何か残る映画でした。どうにも気になる映画でした。結果、何度も観直すことになりました。観直すうちに「これは名作!」と思うようになりました。 ラストは何度観ても心が激しく揺さぶられます。それまではどこか物憂げだった彼女が笑顔を見せて海辺ではしゃぐ姿。それを優しく見守っている彼氏。 他にも優しい人たちが皆で二人を見守っているように感じるラストです。 エンドロールは波の音だけ。余韻を残す演出としてありそうでなかった。 暴力的な映画が多い北野たけし映画の中で暴力のない映画。 にもかかわらず心を裂かれるようなラスト。 日本映画の最高傑作ではないでしょうか。 サントラも買ってしまいました。

  • kan********

    5.0

    開始5分で落涙。

    開始5分で落涙、それは『そこまでで一つの作品として成立している』事を意味している。この作品、観る人によって落涙ポイントが違うらしく、あらゆる場所に落とし穴が多数仕掛けられている模様である。一貫した長い話の中に独立した小さいお話が連なっている感じ。 二人の一心同体感の描き方が素晴らしい。 その片方が失われた時、残りの片方は一体どんな顔をするのだろう?‥‥ 答えはちょっと意外だった… コミュ障の彼がたった一つの道端のゴミから多くの人達と関わりを持ち、 そしてたった一つのゴミが彼、彼女を含めて多くの人達の人生を彩る… 小さな出会いも大きく人生を変えるものなんだなと… そんな映画でした…

  • 石岡将

    3.0

    北野監督のほのぼの系は苦手

    画はやっぱり綺麗。上手く表せないけど、感性的孤独感の自由さというか、気抜けの美しさというか、遠い愛情感というか。 ただいつのまにか仲間が出来てとか、皆に受け入れられてとか、その他諸々の和んだ雰囲気は個人的に苦手だった。

  • cfd********

    5.0

    静かで美しい映像

    ろう者の恋人たちの何気ない日常が、美しい海を背景に、淡々と描かれています。 ちょこっとした役で、たけし軍団の方の登場場面もあり、なんだか独特なシュールさにクスッと笑える場面もあります。 とても静かに流れていく映画ですが、波の音や音楽に浄化される様な、映像もBGMの様に映し出していたい世界観が好きです。

  • kun********

    3.0

    ファッ!?

    まさにファッ!?としか言いようがない え?ほんとに意味わからなかったんですが… 映画の出来としてはまぁまぁですね 演出は北野映画らしくて悪くないと思います 如何にもキタノブルーという画は真骨頂かな ただ1時間40分淡々と進んでそれはいいんですがラストは一体… まぁ特に深く考察することもなく次行こうかなという感じです それにしても真木蔵人は男前 真木蔵人って最近何してるんかなと思ってWikipediaでみたら結構碌でもない感じですね まぁ都会に生まれた芸能人の子弟ってあるあるな感じですね

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


監督

脚本
寺島進軽トラの男
小磯勝弥サッカーの少年A
松井俊雄サッカーの少年B
石谷泰一転ぶサーファー
窪田尚美みかんの女
大和田剛サーファー仲間
澤井革サーファー仲間
杉本達也サーファー仲間
深谷朋民サーファー仲間
千原正子サーファー仲間
芹沢名人清掃会社の上司
渡辺哲体操をしている男
鍵本景子カーショップ店員

基本情報


タイトル
あの夏、いちばん静かな海。

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-