レビュー一覧に戻る
おこんじょうるり

bakeneko

5.0

ネタバレ張り子人形アニメーション♡

児童文学作家:さねとうあきら原作童話の映画化で、NHK『みんなのうた』作品(ロバちょっとすねた、メトロポリタン・ミュージアム、コロは屋根のうえ)や、“花ともぐら”等が有名なアニメーター:岡本忠成の代表作である―“ストップモーションアニメ民話”の傑作であります(大人の観客も十分感動できますよ♡)。 張り子のデザインをモチーフにした懐かしく温かみのある人形アニメーションで、純和風の民話形式で語られる“おばあさんと仔狐の友情物語”となっていますから、お子様には親しみやすい良質の作品であります。 出会いから始まる狐の活躍は“お話の驚きと活気”に満ちていて、やがて狐が披露する独特の“浄瑠璃”のマジカルなリズムと高揚の躍動感で惹きつけてくれる作品であります(しばらくこの歌が耳から離れませんよ!)。そして、ずっと続いてほしい“ばさまとおこんの交友”のドラマチックな別れを描いて本作は、「やさしいライオン」、「ごんぎつね」と並ぶ“子供大泣き”作品となっているのであります。 26分という30分番組程度の長さの作品なので、ちいさなお子様が手ごろに鑑賞できる映画ですが、物語の完成度の高さ&キャラクターの愛らしさ&美術&音楽性は、寧ろ大人の観客が瞠目する出来栄えとなっています(本作を観て泣いた大人は“おともだち”だ!)。

閲覧数494