拝啓天皇陛下様
3.8

/ 70

27%
40%
24%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(30件)

切ない16.8%笑える15.0%泣ける12.4%コミカル11.5%楽しい11.5%

  • yam********

    5.0

    特殊な環境下での普通の男たちの人生讃歌

    昭和6年、岡山の陸軍歩兵第10連隊に棟本博(長門裕之)が入隊するところから物語が始まる。 棟本と同期入隊で、身寄りがなく、前科持ちで、字も読めないダメ男山田を渥美清が熱演している。 不器用な山田は先輩兵から目をつけられるが、同期の友情、中隊長の温情、後輩の親切のおかげで軍隊生活に馴染んでいく。 馴染みすぎて、満期を迎えても娑婆に戻りたくないとダダをこねるほどにw うまい飯が食え、いい仲間にも恵まれ、軍隊は山田にとって至極居心地のいいものとなっていた。 しかし日中戦争が勃発、棟本も山田も中国の前線に送られていく。 棟本と山田の腐れ縁とも言える関係を軸に、本作は戦前、戦中、戦後の陸軍のリアルな兵隊生活を描いている。 戦争を生き延びた2人にはさらに厳しい戦後生活が待っている。 初年兵と二年兵の関係など、旧軍の連隊生活をユーモアを交えリアルに描いている点で興味深い。 原作者の棟田博の他の著作も実体験に基づいており、同じように面白い。 これは反戦映画でもなく、軍国主義賛美映画でもない。 アメリカ映画のような英雄も出てこない。 普通の男たちが特殊な環境で生きることを強いられ、人生を翻弄されながらも助け合って生き抜いていく人生讃歌と思う。 この映画には、貧しく、不潔で、純朴で、不器用で、短絡的で、人情味があり、生きるのに必死だった日本人の姿が残されている。 豊かになって失われてしまった、我々日本人のかつての姿を垣間見ることができる。 当時35歳の渥美清、29歳の長門裕之、37歳の桂小金治らの名演、33歳の左幸子の美しい笑顔も素敵。

  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレ若き日の渥美清さん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ate********

    5.0

    まるでその時代に入り込んだよう。

    まるで自分がその時代に入り込んだようなリアルを感じました。昨今の戦争映画や同時代背景のドラマを見ても作り物感が拭えず、全く感情移入できないのですが、戦後18 年とはいえ、実際に戦中戦後を生きた人達の息遣いや体臭までも感じられる実写のドキュメンタリーのようでもありました。 渥美二郎さんを始め、俳優陣の演技の素晴らしさは言うまでもありませんが、映像もきれいで、背景に写っている全てのものが時代の空気を放っており、当時の世相を知るビジュアルな資料としてじっくり見るのも面白いと思います。脇役エピソードもそれぞれストーリーがあり、笑いとペーソスを引き出す品の良い演出だと思いました。 反戦的なメッセージはありませんが、よく鑑賞すると今のステレオタイプな歴史解釈とは違う描かれ方をしているシーンがあります。日本が戦争へと進んでいった道のりや、人々が戦後どうやって折り合いをつけて日々生きていたのか、ユーモラスなシーンの奥に現代の私たちが気付けるポイントがいくつもあるように思えます。 味わうように何度も見て、色んな発見ができる作品です。 ※一瞬出てきた、どもりながら看板を読む男が画家の山下清に似てるなーと思ったらご本人でした。(笑)そして顔は出ていない!のに、天皇陛下役の浜口庫之助さんが昭和天皇にそっくりで、キャストの選出もユーモアたっぷりで笑いました。

  • george_tokoto

    4.0

    同じネタをあちこちで見ます

    日本軍に入った人たちの宿舎生活が題材です。 中国の駐屯先、似たような新兵と古参兵のやり取りがあちこちで散見されるのは、当時の資料が限られているか、同じ環境に居た人がたくさん居たかでしょうか? 後輩が来るなり威張り散らしたり、先輩の転属前にお礼参りしようとしたり、風俗通いや支給品の盗難のやり返しなどなど、勝新太郎の白黒映画や最近のマンガ「あれよ星屑」もどこかしら同じプロットが見られます。

  • tos********

    3.0

    男はつらいよゼロ?

     戦前から戦後にかけての、二人の男の縁。作家志望の棟本は、入隊する時にカタカナしか書けない山田と知り合う。二人はなぜか気が合い、除隊後、再徴収、戦中、戦後と不思議な縁で再会する。  衣食住に苦労しない兵隊を天国と言う山田。日中戦争が終わりそうな時に、除隊されないようにと直訴の手紙(カタカナで)を書こうとするのがタイトル。 「男はつらいよ」より前の作品。学がないけど、人に好かれ、恋に破れるのは寅さんと同様なのが可笑しい。後に「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」でタイトルが引用されています。左幸子の顔つきが、なんとも良い。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
拝啓天皇陛下様

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル