レビュー一覧に戻る
拝啓天皇陛下様

tos********

3.0

男はつらいよゼロ?

 戦前から戦後にかけての、二人の男の縁。作家志望の棟本は、入隊する時にカタカナしか書けない山田と知り合う。二人はなぜか気が合い、除隊後、再徴収、戦中、戦後と不思議な縁で再会する。  衣食住に苦労しない兵隊を天国と言う山田。日中戦争が終わりそうな時に、除隊されないようにと直訴の手紙(カタカナで)を書こうとするのがタイトル。 「男はつらいよ」より前の作品。学がないけど、人に好かれ、恋に破れるのは寅さんと同様なのが可笑しい。後に「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」でタイトルが引用されています。左幸子の顔つきが、なんとも良い。

閲覧数802