ここから本文です

拝啓天皇陛下様 (1963)

監督
野村芳太郎
  • みたいムービー 16
  • みたログ 190

3.81 / 評価:69件

若き日の渥美清さん

  • たーちゃん さん
  • 2020年8月21日 15時53分
  • 閲覧数 203
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

厳しい軍隊生活と戦時中の世相をただ悲しいだけでなく、うまくユーモアを交えた作品に仕上げています。
役者たちも渥美清さんと関西喜劇の重鎮の藤山寛美さんのガッチリとした演技のやりとりを見られたし、長門裕之さん桂小金治さんの見ごたえのある芝居は素晴らしく、西村晃、加藤嘉等とても良いです。昔の役者は本当に上手いです。

中隊長の加藤嘉さんは厳しい中でも愛情深く、渥美清演じる山田正助の事をとても考えてあげていて、字も読めない山田に後輩を教官にして教育をさせ、手紙をかけるまでにしていきます。
満期を過ぎて除隊になった山田に着物と履き物を渡し、何の経験も学歴もない山田に就職先まで世話をしてくれる。
その中隊長を見事に演じていました。
「おそれ多くも天皇陛下のお言葉である」というフレーズを言う前の「おそれ多くも」位で全員が敬礼するシーンは今だからこそ、笑えますが当時は真面目なものだったのですね。

ラストに交通事故で亡くなってしまう渥美清演じる山田正助を軍人としては対して出世はしなかったが、天皇陛下のために心から尽くしていた小市民の元軍人の死をとてもうまく、そして悲しく表現していました。さすが野村芳太郎監督です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ