レビュー一覧に戻る
ウィズアウト・ユー

ikk********

2.0

ネタバレ共感部分を探す映画かな

ロバート・デ・ニーロが製作に関わり、U2が出演...内容がどうであれ、これだけで興味を持ちました。1999年のアメリカ映画です。 U2のビデオクリップを作ったことがきっかけで、映画監督の依頼を受けた主人公。「あのビデオは良かった」とか褒めてますが、本当は観てないでしょう。俺たちの目的を達成するために誰か都合いい奴はいないかと・・・ SEXと暴力を描いたエロティックスリラーの依頼。どうすればいいか・・困惑する主人公。報酬にモノ言わせ、主演女優の裸を見たいスケベ心の依頼に思える。私生活ではファッションモデルが近寄ってきて「その気」になり即同棲。  撮影のやり方にイライラしてぶち壊し、妊娠して去っていった彼女にイライラ・・・ボノが救いの手を差し伸べ、再びビデオクリップを作り、また女が近寄ってくる同じような展開。SFぽい不思議な場面がよくわからなかったが、今度は肉体関係なしで即結婚!やっぱりステラが気になる、即離婚!(苦笑) 本気か?好奇心か?そもそも人生お遊び。 何度も繰り返せそうな展開であるが、二人は愛し合ってたことは確かなようだ。現実もう戻れない・・・。 長編PVを観ているような感覚でしたね。抒情詩的な面があるため、内容が良い悪いとか考えず、共感できる部分を探していく映画かなと思う。 ちなみに本編中に流れる音楽はU2ばかりでない点が私は好感持てました。

閲覧数92