レビュー一覧に戻る
ゴースト・ドッグ

ゴースト・ドッグ

GHOST DOG: THE WAY OF THE SAMURAI

116

ves********

4.0

言葉はなくても

日本の武士道に傾倒した黒人の殺し屋、なんてストーリーだと聞くと、キワモノの勘違い映画じゃないかと思いきや、これがなかなか面白くてカッコイイ。 『葉隠』をちゃんと理解しているのかどうかは別として、ストイックでプロフェッショナルで頭もよく、鳥を愛する主人公ゴーストドッグに、気持ちよく感情移入できました。まるで日本刀のように銃をあやつるアクションもステキ。 言葉の通じないアイスクリーム屋のあんちゃんとの不思議なコミニュケーションがいいですね。アパートの屋上から二人で船を見るシーンがあるのですが、そこで交わされる会話は、言葉はまるきり通じていないのに、なんだか訳の解らないうちに、ちゃんと解りあえている。この不思議な関係、うらやましい。 ラストのあんちゃんにはぐっときました。言葉はなくても通じ合える、でも言葉がなくて、なんともどかしいことか。 冬眠から覚めたばかりの熊みたいな顔の、主演のフォレスト・ウィッテカーが、最後にはカッコ良く見えて、思わず、チクショーと唸ってしまいました。

閲覧数567