レビュー一覧に戻る
ゴースト・ドッグ

ゴースト・ドッグ

GHOST DOG: THE WAY OF THE SAMURAI

116

joz********

4.0

ジャームッシュワールド

またもやジム・ジャームッシュ監督の映画です。 これで4本目。 何でしょうね?この監督の作る映画は中毒性があるのでしょうか。^m^ 落ち目のマフィアの社会を描いています。 マフィアは、完全に時代に取り残されたとみなされています。 フォレスト・ウィティカーが殺し屋役というところで、もうおちょくっています。 緻密な台本なのでしょうが、デタラメに作ったと感じさせます。 この監督、やたらと日本が好きなんですね。 これまでの3本にも日本が絡んできますが、この作品は全編日本の武士道で貫かれています。 例によって、先が読めないストーリー展開になっています。 いろんなところでズレが生じますが、それがニヒルな笑いを誘います。 起承転結もあってないようで・・・。(;^_^A 出てくるマフィアが皆んな爺いです。 マフィアの殺し屋もいい老人で太っており、動きが鈍いです。 マフィアも暇なので、殺す相手がみな仲間内。 マフィアの世界なんて、どーせこんなもんだろうという作りです。 ジャームッシュワールドにようこそ。

閲覧数768