レビュー一覧に戻る
ペルディータ

ペルディータ

PERDITA DURANGO

126

zek********

4.0

脇役にも注目

デヴィッド・リンチの「ワイルド・アット・ハート」からスピンオフしたキャラクター、ペルディータ・ドュランゴを描いた作品です。 「ワイルド・アット・ハート」ではイザベラ・ロッセリーニだったこの役柄、この映画ではなんとロージー・ペレス。全然違うやん!っていう突っ込みを入れたくなりますが、「ワイルド・アット・ハート」とは切り離して考えた方がいいでしょう。 猿顔のロージーが主演っていうのが一部で不評の様ですが、セクシーなビッチ、ペルディータにロージーはぴったりハマッていると思います。 ワッキーを長髪にした様な変なへアースタイルが気になるロメオとの極悪カップルは「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のミッキーとマロリーに匹敵する?とにかくクドいキャラのこの2人が好きになれるかなれないかで映画の評価は変わってくるところ。個人的にはその年のベスト1にしていた位大好き。スクリーミン・ジェイ・ホーキンス、アレックス・コックス、ジェームズ・ガンドルフィーニ等の脇役もユニーク。 けれんみタップリ、バイオレンスで毒々しい「ペルディータ」は本当にワイルドな映画です。

閲覧数613