ここから本文です

ワンダーランド駅で (1998)

NEXT STOP, WONDERLAND

監督
ブラッド・アンダーソン
  • みたいムービー 72
  • みたログ 263

3.73 / 評価:73件

こんな酷い映画があっていいのか…最低最悪

  • tak***** さん
  • 2019年3月20日 2時20分
  • 閲覧数 473
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、ワンダーランド駅でというタイトルから想像されるような静かな、電車通勤のすれ違いを繰り返すストーリーではなく、電車と駅は最初と最後しか出てきません。そして、静かな雰囲気は全然なく色々な軽薄な人物が争ったり、ごちゃごちゃと騒がしい映画です

唯一好感を持てたのはアランです。誠実で優しく見ていてとても好感が持てます。勉学に励み、夢に向かってまさに良い意味で頑固です。

一方でエリンの方はというと、確かに運命を気軽に信じたりほいほい軽い恋愛をするタイプではなく自分をしっかり持っているように思えますが、アランと比べて良い人でもないですし、冷たさが強すぎます、おまけに広告の男たちも褒められたものではないですが、一人ひとり馬鹿にするかのように会っていく姿なんて興ざめです。
最後に良い感じになったブラジル人なんてなんも悪いことしていないのに、振り回すだけ振り回して見ていてドン引きしました。

そして出会いから始まる映画という斬新な点は認めますが、それにしたって出会い方も運命を感じるようなものではなくごちゃごちゃして無理やり、そして二人が同じ格言を通して、惹かれ合っていくような未来を醸し出して映画は終わりますが、こんな微妙なシーンのためにあのくだらない盛大な前振りを見ていたのかと思うと悲しくなります

個人的に意見ですが、アランとエリンは、他人に流されない頑固さがある点は同じですが、それ以外の部分では全く違う人間だと思います。誠実さや温かさ、人への優しさ、どれをとってもアランのほうが優れておりエリンは持っていない部分です
つまり、この二人は絶対に今後うまくいきません。いやうまくいくはずがないのです。

それくらい映画で二人を見ていればわかりますよね

アランの性格がかなり好きなだけに星を1しかつけられないことが少し悔やまれますが映画全体としてはありえない作品だと思います。
絶対に見ないでください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ