ここから本文です

サム・サフィ (1992)

SAM SUFFIT

監督
ヴィルジニー・テヴネ
  • みたいムービー 23
  • みたログ 65

4.18 / 評価:17件

中野裕通が衣装協力

  • ★しんぽん★ さん
  • 2008年7月3日 22時59分
  • 閲覧数 877
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

どちらかというと女の子向けのとってもガーリーな作品ですが、とてもセンスを感じる作品で好きだったりします。
刺激的な生活に飽きてしまったヒロインが普通に生きるってことに憧れて、普通な生活を目指すも、普通とはいえない面々に囲まれる生活の中で、自分の行き方を見出していくヒロインを描いた作品です。
とてもかわいらしさを感じるところがある割には、最初の方のヒロインの職業はストリッパーだったりして結構過激だったりもする。
その辺のギャップも含めてやられちゃってるわけですが、自分は。
女の子受けは絶対すると思うんだよねー、タナボタ的に自分が持っている芸術的センスに気づいて成功していく様は、明らかにサクセス・ストーリー。
フレンチ・コメディではあるから、ハリウッド映画ほどの華やかさはないけれど、それに対抗できるだけの毒と強烈な個性は作品にあると思うし。
それに確か、中野裕通が衣装協力か何かをした作品のはずなんだよね、これ。hiromichi好きとしては外せません、はい。
ヒロインのオーレ・アッティカはこの作品くらいでしか観たことはないけど、この作品にはハマッた感じがする女優さんだったかなー。ベアトリス・ダルとかに近いような雰囲気を感じるかも。
やっぱり外せないのは、ロッシ・デ・パルマの出演。90年代のヨーロッパ映画というかスペイン映画は彼女なくしては語れないでしょう。個性的なビジュアルのインパクトの強さ。彼女が出てるだけで作品の個性が上がる感じがしますもんねw。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ