レビュー一覧に戻る
サムソンとデリラ

サムソンとデリラ

SAMSON AND DELILAH

128

oce********

4.0

神の力を受ける者

ライオンすらも素手で倒す怪力の持ち主サムソン。 そんなサムソンの婚約者になろうと暗躍するデリラは騒動を起こし、サムソンの婚約者を抹殺する。 だがデリラの愛は受け入れられず、復讐のためサムソンの力の源である髪の毛を切ってしまう。 セシル・B・デミルが映像化する一大スペクタクル史劇。 力持ちのサムソンにヴィクター・マチュアという適役がおり、片や愛のため魔性の女になるデリラにヘディ・ラマールとこちらも適役。 いわゆる愛憎劇なのだが、役柄が真実味を持たせると同時に、デミルのお手の物。 ラストの神殿崩壊はさすがの迫力。 当然CGなど存在しないので、実際に壊すことで見事なスペクタクルを生み出した。

閲覧数956